キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅四巻第十話 橋の国 感想 | main | キノの旅四巻エピローグ・プロローグ 紅い海の真ん中でb・a 感想 >>
キノの旅四巻第十一話 塔の国 感想

●塔の国 -Free Lance-
一言でいうなら:ひたすら塔を建て続ける国
名言:(強いてあげるものはなし)

 

登場人物:キノとエルメス
話の長さ:数ページ
備考:本文が縦読み三段

アニメ一期「塔の国」ページ

 


あらすじ
   訪れた国では塔をひたすら高く建てていた。昔からやっていて、なぜ建てているのかも知らないらしい。そしてついに塔の限界が訪れ、崩れた。住人達は塔の崩壊という歴史的瞬間に立ち会えた事を喜び、さらに新しい塔の建設に向け行動を始めた。だがそんな光景を嫌がり、キノに国外へ連れ出してくれと迫る男が現れた。

 

オチ
   塔を建てるのが嫌ならレンガに彫刻を掘ってみてはとキノが提案した。それはいいアイデアだとその男は嬉々として仲間の元へ戻っていった。

 

感想
   男が嫌だったのは国ではなく、仕事だったようだ。本作は通常の書式とは違い縦読み三段となっている。なぜこういった構成にしたのか。初版連載が別の雑誌でそこでの書式に合わせた? 高い塔ということで雰囲気的に段を組み立てる構成にした? さらに勘ぐれば、このお話は塔で彫刻を掘ると決めた男の作品なのでは? そんな可能性もあるかもしれない。

 


キノの容姿と装備:とっても若い人間・茶色のコート・カノン
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:8)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:6)
キノが危害を加えられそうになった回数:1(累計数:16)
国の技術レベルと特産物等:近代・レンガ製の巨塔
収穫:ビュッフェスタイルの朝食

[ 小説第4巻 ] 21:57 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.08.10 Thursday
スポンサーサイト

[ - ] 21:57 - | - | - |2020.03.25 Wednesday









トラックバック機能は終了しました。