キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅四巻第七話 ぶどう 感想 | main | キノの旅四巻第九話 たかられた話 感想 >>
キノの旅四巻第八話 認めている国 感想

●認めている国 -A Vote-

一言でいうなら:投票されなかった人を裏で始末する国
名言:「"ああ、タダだったのか……。どうせなら大したことのないケガでもして、病院で健康診断でも受けておけばよかった。注射は嫌いだけれど"」

 

登場人物:キノとエルメス
話の長さ:約30ページ
備考:防寒着を売却

 


あらすじ
   入国した国では投票されない=いらない人は処分する「投票祭り」なるものあった。だがいままで投票されなかった人はいなかったらしい。ホテルのオーナーがそう話してくれると大声で笑った。息子らしき従業員が静かにしてほしいと諭したが、オーナーは怒鳴り返した。

 

オチ
   次の朝オーナーが死んだ。国王と医者と看護婦しか知らないことだが、実は投票されてなかったので彼らが殺したのであった。
   だがキノはそんなことよりも、無料で診察を受けるチャンスだったことを悔やむのであった。

 

感想
   安直に考えるのであればいいかもと思ってしまう国。ところで物を捨てられない話の時にキノが、いつか会った物書きが本が捨てられなくて喘いでたと言うが、今後登場したりするのだろうか?

 

追記

   時間を置いてから感想を読んでみると、「安直に考えるのであればいいかも〜」と書いたのは迂闊だったかなと思う。ただこれが管理人の正直な気持ちである(詳細は好きな話のランキングページにて)。ただ過激そうに思える意見を公にする必要ないかなと思い、さきほどの「迂闊」という単語を使わせてもらった。この件について語ろうものなら管理人の人生観に関わってくる。
   初めて記事を書いたときは気に留めていなかったのだが、物語の最後、キノが防寒手袋を売ってしまい後悔する場面がある。つまり、いらないと思っていても忘れているだけで実は必要になるということか。そしてそれはオーナーについても同様なのであろう。

 


キノの容姿と装備:十代半ばほど・茶色のコート・ゴーグル・カノン
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:8)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:6)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:15)
国の技術レベルと特産物等:現代・間引きシステムと福祉
収穫:お祭りでの食事・安値で必要物資購入・いらなくなった防寒着が横暴なオーナーのおかげでかなり高く売れた

[ 小説第4巻 ] 21:44 - | comments(1) | - |2017.08.10 Thursday
スポンサーサイト

[ - ] 21:44 - | - | - |2020.09.19 Saturday
一見すると、皆から嫌われる嫌われ者を始末する必殺仕〇人的な仕組みにも見え、そう思うと一種の勧善懲悪を感じるので良さそうに思えます。ただ、必殺と違い、嫌われ者を選び取るのではなく人気者に投票する仕組みなのがミソかと思います。
人気が一部の人に偏ってしまったらどうするの?(例えばアイドルだけ残してモブは全員処分なの?)とか、影が薄いだけで縁の下の力持ち的な人も処分なの?とか、祭りまでには結果が出ない長期的なタイプの仕事の人も処分なの?とか、対人関係が良好でさえあれば裏で悪事を行っていても生き残るの?とか、人はどこまで他人のことをチェックできるの?とか、もしその世代の大多数がダメ人間だったらその大多数を全員処分する日が来るのかとか、うっかり間違って投票した場合とか、処分されるとわかっていたら改心した人もいたのではないかとか、色々考えさせられます。
おっしゃるとおり、手袋のように、状況や時期などによって価値や価値観が変わるのもよくあることです。ずっと前に名作だと思っていた作品が今の自分には凡作に思えたり、その逆もあったり。当初は異端扱いされていた説が後世の研究で正しいと立証されたり。普段は役に立たない道具に思えても、特定の災害時にだけとても役立ったり。
個人的には、今回の話に出てきた国には問題点を多く感じますが、元々は皆が他人から大切に思ってもらえるように努力する国であれという理念だったのだろうか、だとしたらその努力は見習いたいと思いました。
| ビビッド | 2020/01/24 3:28 AM |