キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅四巻第三話 二人の国 感想 | main | キノの旅四巻第五話 仕事をしなくてもいい国 感想 >>
キノの旅四巻第四話 伝統 感想

●伝統 -Tricksters-

一言でいうなら:国民総出で旅人を騙す国
名言:「あんな丁寧に、真剣に真似をしてくれた人はいなかったな。〜」

 

登場人物:キノとエルメス、シズ(回想、半年前に訪問)
話の長さ:約10ページ
アニメ一期「伝統」ページ

 


あらすじ
   入国すると住人はみな猫耳を付けていた。それがこの国の伝統だという。

 

オチ
   549勝233敗か。結局猫耳を付けずに出国したキノを見送り国長が言った。この国は旅人に偽って伝統を吹き込む国だった。しかしキノは別の旅人から事情を聞きすでに知っていた。そして最後に国長は、速攻で騙されてくれたシズの時のことを思い出した。

 

感想
   シズが育ちが良いためすぐに騙されてしまうという、彼の抜けたところに笑うエピソード。タイトルが「伝統」だけであり、「〜の国」でないエピソードでもある。よくよく考えるとこの国の伝統は複数ある。旅人を騙すための偽りの伝統、旅人を国民総出で騙すという伝統、そして数回指摘される「踊り」の伝統である。

 

 

キノの容姿と装備:記述なし
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:8)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:6)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:15)
国の技術レベルと特産物等:近代(城・ヘルメットと礼服)・伝統
収穫:ほかの旅人向けのネタ

[ 小説第4巻 ] 21:32 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.08.10 Thursday
スポンサーサイト

[ - ] 21:32 - | - | - |2020.09.19 Saturday









トラックバック機能は終了しました。