キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅三巻 あとがきの話 感想 | main | キノの旅四巻第一話 像のある国 感想 >>
キノの旅検ヾ響曄淵優織丱譴△蝓

旧カバーの画像がどうしても見当たらなかった。残念。

 

●キノの旅 -the Beautiful World-
「"この場所を知らず 夢の地を目指し 夢の地に着いて この場所を知らず"」 -Wherever I go, there I am-
発売日:2001年7月25日
おもな登場人物:キノとエルメス、シズと陸

 

 

2018/4/26以後周辺〜巻全体を通し記事を加筆修正


この巻について
   管理人が何歳のころだったろうか。巻頭の「これからどうする?」「いつかと同じさ。どこかへ行こう」というやり取りを、昔ラジオCMで聞いたことがあり、それがとても印象強く残っている。いや、そもそも「キノの旅」の名前を初めて知ったはこのラジオCMだったと思う。(当時はアニメすら手探り時期で、同時にいくつかの声優ラジオを聴いていた。やはり電撃G'Sラジオだろうか、MCはだれだったのか…もはや覚えていない)。さまざまなことがあってもキノは旅を続けていく。この台詞は管理人にとってキノの旅を象徴する台詞である。懐かしくてネットで少し探してみたのだが、結局そのCM音源は見つけられなかった。ネットで上げられている場所を知っている方は是非教えてほしい。

 

   この巻は珍しくキノはほぼ危害を加えられそうにならなず、自衛のための殺害をしない。その代わりシズは狼藉をやめさせるために盗賊を22人も殺害する。

   さらに仕事がテーマの話が多いようで「仕事をしなくてもいい国」「ぶどう」「塔の国」はそれぞれの角度から仕事についての物語が展開する。そして「たかられた話」と「像のある国」がつながっている可能性があることは目からうろこだった。それぞれレビューを終えてからネットでの指摘を知り、つながっている可能性が高いと分かった。物語を初めて読んでから実に十数年経過しての発見である。

 


目次
プロローグ「紅い海の真ん中で・b」
第一話「像のある国」
第二話「×××××」
第三話「二人の国」
第四話「伝統」
第五話「仕事をしなくていい国」
第六話「分かれている国」
第七話「ぶどう」
第八話「認めている国」
第九話「たかられた話」(シズのお話)
第十話「橋の国」
第十一話「塔の国」
エピローグ「紅い海の真ん中で・a」
あとがさ(あとがき)

[ 小説第4巻 ] 20:40 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.08.10 Thursday
スポンサーサイト

[ - ] 20:40 - | - | - |2020.09.19 Saturday









トラックバック機能は終了しました。