キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅二巻 あとがき 感想 | main | キノの旅三巻口絵 愛と平和の国 感想 >>
キノの旅掘ヾ響曄淵優織丱譴△蝓

●キノの旅 -the Beautiful World-

「知っているのか 知らないのか 知っているのか」 -Where is the terminal?-
発売日:2001年1月25日
登場人物:キノとエルメス、シズと陸、師匠

 

 

2018/4/19以後周辺〜巻全体を通し記事を加筆修正

 

この巻について
   第一話にはシリーズ最大のピンチと言っても過言ではない「城壁のない国」。銃や近接戦闘においては無敵のキノであるが、別の手段により危うく旅が強制終了しかけた。ほか、シリーズで初めて明かされた師匠の元でのキノ修業時代「説得力」。さらに後の主人公フォトの前日談「雲の中で」が描かれるのもこの巻である。

   そして特筆すべきは「差別を許さない国」。小説上で「×××××」が連発するという面白さもさることながら、そこから「本当の蒼い空」が登場した真意の考察には脱帽ものであった。

 


目次
口絵「愛と平和の国」(シズのお話)
プロローグ「雲の中で・b」
第一話「城壁のない国」
第二話「説得力」
第三話「同じ顔の国」
第四話「機械人形の話」
第五話「差別を許さない国」
第六話「終わってしまった話」
エピローグ「雲の中で・a」
あとがきの話

[ 小説第3巻 ] 14:44 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.08.06 Sunday
スポンサーサイト

[ - ] 14:44 - | - | - |2020.09.19 Saturday









トラックバック機能は終了しました。