キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅二巻エピローグ・プロローグ 砂漠の真ん中にてb・a 感想 | main | キノの旅二巻 あとがき 感想 >>
キノの旅二巻特別編 続・絵の話 感想

●続・絵の話 -Anoymous Pictures-
一言でいうなら:絵の話のその後
名言:「どこに飾るおつもりですか?」


登場人物:シズと陸
話の長さ:約20ページ
備考:他の話とリンク(絵の話

 

 

あらすじ

   かつてキノが滞在していた国にシズ達は来た。
   ホテルに戦車の絵が飾ってあった。だが見ている目の前で外されてしまった。それについてホテルのオーナーが説明しづらそうで、広場に行かれたかと言ってきた。そこでは大きなたき火がなされ、燃やしていたのは戦車の絵や本であった。トラックでたくさんの関連書籍が運ばれてくると、人々が群がって罵声を浴びせながら書籍を火に投じた。シズは近くの人に理由を聞いた。少し前内戦に心を痛めていた時期に、戦車の絵を見たひとりの評論家が高評価をし、それが発端で皆が戦車の絵を大枚はたいて買い漁った。しかしブームは去り、大したことのない戦車の絵に大枚をはたいていたことに皆は気付いたのだという。詐欺か、どう思うとシズ。自業自得だと陸。
   国から出ようとすると、例の絵描きを見つけた。自分の絵をいらないのはまだしも燃やしてしまうのは悲しいと言った。今は、戦車の絵は書く気にならないから別のものを落書きしているという。

 

オチ
   その絵は、かつて城住まいをしていたシズの見立てでは相当値段のつく作品であった。別の国で売り出さないかと言うが、すでにお金持ちの絵描きはまるで興味を示さなかった。シズにあげて余所で売ってもいいと絵描き。
   絵描きが今しがた書いた絵を手に取るシズ。すると陸が名言を述べた。シズは絵を手放しバギーのエンジンをかけた。


感想
   師匠なら、迷わず頂いただろうね。(どうでもいいこの文章の元ネタ
   シズの欲望がせめぎ合う話。だが陸の名言「どこに飾るおつもりですか?」がシズを引き留めた。この言葉は文章の裏側に別の意味が込められているはずである。言うまでもないが飾る場所なんて気にする局面ではない。もちろん陸はそれを気にしたのではない。きっと「絵本来の使い方以外するべきではない」や「絵師の本心に沿わない金儲けをするつもりですか」といった意味が含まれているはずである。台詞を発して台詞と別の意味を伝える。とても奥深い文章表現だと思う。
   世の中には流行がある。自分は疎い方だと思うが、流行に乗るのは楽しくて良い事だと思う。ただブーム去ったからと言ってポイと捨ててしまっては、作者がかわいそうだと思う。
   コロシアム以来の登場となったシズ。シズが主人公の話は今回が初めてであるが、この話は目次にも未記載の隠し話となっている。

 


殺害人数:0(シズの累計殺害人数:2)
シズの主張が認められなかった回数:1(累計数:1)
国の技術レベルと特産物等:現代
収穫:なし

[ 小説第2巻 ] 12:29 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.08.05 Saturday
スポンサーサイト

[ - ] 12:29 - | - | - |2020.03.25 Wednesday









トラックバック機能は終了しました。