キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


    〜 管理人コメント 〜

毎週金曜日深夜25時頃
アニメ放映直後の時間から
二コ生配信をしています

興味がある方はぜひおこしを
放送コミュニティはこちら

全話リストはこちら




キノの旅 the Animated Series
上巻(多数決ドラマ特典Blu-ray付)


 
CATEGORIES
 


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         
 記事検索
サイト誕生から間もないため不安定
なければ「全話リスト」からどうぞ













































<< キノの旅二巻第三話 魔法使いの国 感想 | main | キノの旅二巻第五話 絵の話 感想 >>
キノの旅二巻第四話 自由報道の国 感想

●自由報道の国 -Believers-
一言でいうなら:どの新聞が正しいのか分からない国
名言:(強いてあげるものはなし)


登場人物:キノとエルメス、新聞記事に固有著者名
話の長さ:約20ページ
備考:国外・記事掲載日が「八九三年鹿の月五日」等

 


あらすじ
ある新聞では被害者の側にたって、ふとモトラドに興味を示した男性に、その持ち主である旅人が過剰に反応し発砲したという記事。その新聞の傍らにはパンダの名前の選考をめぐる疑惑の投稿。
ある新聞では旅人の側に立って、泥酔しモトラドを触るどころか掴みかかってきた男性に、旅人が正当防衛として発砲したという記事。その新聞の傍らにはパンダの名前の選考に落ちたが、それをバネに一層努力すると投稿。末尾には編集部一部添削とも。


オチ
という新聞記事をキノは読み上げた。エルメスはその場にいたモトラドの意見がないと憤慨した。
新聞記事は野宿のための火となった。


感想
旅人=キノと思わせぶりな記事だが、作中で言われる通りキノではない。

ネットではマスコミに対する見解が厳しいが、それらは貴重な情報源だと思う。せめて真実だけは正しく伝えてほしい。

フルートだと思われるライフルタイプの銃が登場する。シリーズで初登場。

 

 

キノの容姿と装備:十代半ばほど。黒いジャケット・パースエイダー・ライフルタイプのパースエイダーとスコープ
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:4)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:5)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:8)
国の技術レベルと特産物等:国外
収穫:薪がない時に役立つ古新聞

[ 小説第2巻 ] 21:35 - | comments(0) | - |2017.08.02 Wednesday
スポンサーサイト

[ - ] 21:35 - | - | - |2017.11.18 Saturday