キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


  〜 管理人コメント 〜

新アニメ放送間近。それまでに
なんとか小説全話をまとめたい



 
CATEGORIES
 


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         
 記事検索
サイト誕生から間もないため不安定
なければ「全話リスト」からどうぞ







   
<< キノの旅二巻口絵 狙撃兵の話 感想 | main | キノの旅二巻第二話 過保護 感想 >>
キノの旅二巻第一話 人を喰った話 感想

●人を喰った話 -I Want to Live.-
一言でいうなら:助けた男達が人を喰っていた話
名言:「怖かったよ。終わってしまうかと思った」


登場人物:キノとエルメス
話の長さ:約30ページ
備考:国外・戦闘あり・他の話とリンク(仕込銃のナイフ)

 

 

あらすじ
雪上を走っていると、トラックとテントがあった。そこには三人の飢えた男たちがいた。キノは彼らのために狩りに出てウサギを仕留めた。そんなことをしつつ、しばらくのあいだ彼らの体力回復に協力した。
彼らと会って三日後、男たちはだいぶ回復した。そしてキノは彼らに銃を向けられた。


オチ
男たちは奴隷商人で、仕事が出来るようになった以上それをすると言い出した。武器を外せと言われ従うキノ。だが、最後の仕込銃のナイフを使い反撃。3人を殺し絶対絶命のピンチを乗り切った。
彼らのトラックの荷台には大量の骨があった。彼らが奴隷を喰ったのであった。


感想
ほぼ身ぐるみをはがされたうえでのギリギリの反撃。シリーズの中で2番目にピンチだった回だと思う(一番はもちろん8人ぐらいから襲われた「英雄達の国」)。
キノが反撃する際の拳銃仕込みのナイフは、確か「マニアの国」だったかで銃マニアから手に入れたものだった気が。持っているナイフすべてを外せと言われナイフが凄い数になるという展開は、アーノルドシュワルツェネッガーの映画「ラストアクションヒーロー」を思い出す。
そしてキノの名言。それはキノは絶対無敵というわけではない、強くてもちゃんと怖いと感じているという、純粋な少女の感情が垣間見える貴重な台詞である。
話の中盤、男たちは神に感謝の言葉を述べるが、人を喰った上での発言だと分かる。
そしてとても珍しいことに、冒頭のキノについて十代後半ほどと定義している。これは幾多の冒頭における説明が十代半ばほどといった類なのにたいし、後半だと踏み込んでいるとても珍しい記述である。さらにはゴーグルが黄色といった定例外しがなされており、時系列の想像を膨らませる。

 


キノの容姿と装備:十代後半ほど・カノン・森の人・多種のナイフ・防寒着・オーバーパンツ・毛皮のついた帽子・黄色いゴーグル・フェイスウォーマー・レーザーサイト・補助スキー装備のエルメス
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:3)
殺害人数:3(キノの累計殺害人数:5)
キノが危害を加えられそうになった回数:1(累計数:8)
国の技術レベルと特産物等:国外
収穫:なし

[ 小説第2巻 ] 00:02 - | comments(0) | - |2017.08.01 Tuesday
スポンサーサイト

[ - ] 00:02 - | - | - |2017.09.24 Sunday