キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


   
 〜 管理人コメント 〜

毎週金曜25:00頃より
ニコ生放送をしています
放送コミュニティはこちら

全話リストはこちら
作中言語解説はこちら

  完成! キノの旅
Excelデータベース





キノの旅 the Animated
Series 下巻(初回限定生産)
(特典サントラCD付) [Blu-ray]


 
CATEGORIES
 


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         
 記事検索

 全話リストはこちら












































<< キノの旅供ヾ響曄淵優織丱譴△蝓 | main | キノの旅二巻第一話 人を喰った話 感想 >>
キノの旅二巻口絵 狙撃兵の話 感想

●狙撃兵の話 -Fatalism-
一言でいうなら:割合の分狙撃してもらう話
名言:「前払い金を両方からもらっています。それを持って逃げます」


登場人物:師匠と弟子
話の長さ:数ページ
備考:国外

 

 

あらすじ
   森の中。狙撃兵の構えた銃が裸の男を捉えた。引き金に指をかけた直後、動かないでと女性の声がした。声の主こと師匠に銃を突き付けられたのだ。だが彼女の話すところ、殺しの依頼と不殺の依頼を両方受けたためどうしようか悩んでいるそうだ。


オチ
   そこで狙撃兵は提案した。これまで狙えそうな人は全て撃ってきた。これからは師匠の言われた数のうちの一人しか狙撃しない。すると師匠は複雑な計算が必要な数を教えた。そして師匠は裸の弟子と合流し、車に乗って名言を言った後に走り出した。すぐ近くで銃弾が炸裂した。


感想
   師匠と弟子の初登場回。だがこの話は、今後の師匠達のお話からするとどうも歯切れが悪い。最後に狙撃された命の危機に瀕したためである。これは、今後の師匠達のお話の中でも最も死ぬ可能性が高い。師匠達はこれよりさまざまな危ない橋を渡ることになるが、基本的に敵とあいまみえる際はそれなりの準備の上で立ち向かい、敵を封じたうえで多額の金品を気持ちよくかっさらっていくものである。

 

 

師匠達の装備:大口径のリヴォルバー
殺害人数:0(師匠達の累計殺害人数:0)
師匠が狼藉を働いた回数:1〜契約不履行、前金持ち逃げ(累計数:1)
国の技術レベルと特産物等:国外
収穫:二者からの前金

 

[ 小説第2巻 ] 22:24 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.07.31 Monday
スポンサーサイト

[ - ] 22:24 - | - | - |2018.05.19 Saturday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/107