キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅 劇場版アニメ「何かをするために」 感想 | main | 小説20巻全話ページ完成記念記事 >>
キノの旅アニメ1期 塔の国 感想

●塔の国(アニメ1期) -Free Lance-
おもな登場人物:キノとエルメス
本編約15分

 


あらすじ
   巨大な塔がある国に来た。キノは国の住人になぜ塔を建てているのかと聞くが、彼らは自分の仕事に集中しておりそれ以外のことを知らないという。住人の中には国が嫌になって出ていきたいと言う男がいて、連れだしてほしいとキノに言ってきたが協力はできないと断った。
   キノは国を見て回った。資材はどんどん塔へ運ばれていった。だが組み立て続けていた塔についに限界がきた。住人は最初こそ絶句してたが、崩れた終わった途端歓喜に沸いた。そしてまた塔を作り始めるぞという住人達に、国が嫌いな男はおかしいと言うが、キノは男にレンガに彫刻をしてみてはと言った。男の顔は固まったままだった。それらをよそに、キノは出発した。


感想
   この話はアニメは劇場版アニメ「何かをするために」の単品DVD化の際、一緒に収録された作品である。
   管理人が小説読んだ時の塔のイメージは、バベルの塔みたいな高くとも頂上は見えそうな塔だった。だがアニメで描かれたのは軌道エレベーターのような、細長く頂上がまるで見えないものであった。そして、そんな大きな塔に対し小粒ほどの資材を積んだトラックが入っていく。なんとも不気味な光景に見えた。やはりアニメならでは。
   最後の場面について、キノにアドバイスをもらった男は小説ではすぐに心機一転してやる気を見せるが、アニメでは顔が固まったままで終わった。

 


エルメスの言い間違い:人身孫悟空だね→正:人身御供(アニメなので累計にはノーカウント)

 

 

 

注:記事掲載の順列の都合上、投稿日時を操作。初投稿日2017/7/29

[ アニメ1期 ] 23:23 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.10.02 Monday
スポンサーサイト

[ - ] 23:23 - | - | - |2020.09.19 Saturday









トラックバック機能は終了しました。