キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


   
 〜 管理人コメント 〜

毎週金曜25:00頃より
ニコ生放送をしています
放送コミュニティはこちら

全話リストはこちら
作中言語解説はこちら

キノの旅データベース
を更新しました!(9/18)


取り上げてほしいネタを
募集中!2018年末まで





キノの旅 the Animated
Series 下巻(初回限定生産)
(特典サントラCD付) [Blu-ray]


 
CATEGORIES
 


 記事検索

 全話リストはこちら


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    管理人 (10/11)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    CB子 (10/10)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    管理人 (09/21)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    陽佐倉 (09/21)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    管理人 (09/20)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    陽佐倉 (09/19)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    管理人 (09/08)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    海産物 (09/08)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    管理人 (09/07)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    陽佐倉 (09/06)
RECENT TRACKBACK
         









































小説21巻までの累計記録結果発表!

2018/8/26記事修正〜これまで20巻まで対応だったのを21巻まで拡大、データベースver1.0化にともないカウントの信頼性も向上

 

 

   小説21巻を迎えたキノの旅。膨大な話数を見渡してみればさまざまな記録をあげることができる。それらを累積記録を項目ごとに紹介する。

 

目次

全話数

主人公達の登場話数

主人公達の累計殺害人数ランキング

殺害数が多い話

その他累計数

最も稼ぎが多い主人公達
キノが最もピンチだった話

 

 

 

●全話数…248話

〜通常のあとがきなし、ストーリー仕立てのあとがきは込み、メタ発言多様なものは除外として「あとがキノ」はなしでカウント。やはり21巻もあればこれほどの数となるか。一番話数が多い巻は新聞掲載分も収録した17巻で全18話。

 

 

●主人公達の登場話数
キノ達:189話
シズ達:43話
師匠達:44話
フォト:11話

〜いずれも回想での登場は含まない。シリーズ初期はキノの話が圧倒的に多かったが、巻数が増えるにつれキノ以外のキャラの出番が増えたり、一つの話で複数の主人公が出てくるようになった。

 

 

●主人公達の累計殺害人数ランキング
1位:キノ244人(ゾンビ169人を含まない場合75人)
2位:師匠と弟子120人
3位:シズ27人

〜結果は一応キノが1位。死人達の国のゾンビを入れるか入れないかで見解が異なる。特筆すべきは師匠達。120人は一応キノの下に付けているが、上のランキングにある通り登場話数が44だとすると、1つの話につき殺す割合がとても多いことになる。一方でシズは少ない。まあ刀だと大量殺傷には向かないか。

 

 

●殺害数が多い話
1位:「死人達の国」のキノ169人以上
2位:「昔の話」の師匠達60人以上

3位:「たかられた話」のシズ22人

〜ぶっちぎりはキノの「死人達の国」。このお話は病気に覆われて封鎖された国でゾンビのようなもの達を全滅させるお話。これだけ倒してもキノは臆した様子がないのですごいものである。2位の「昔の話」は怒れる民衆達の包囲網を突破するお話。師匠は重火器を用い突破口を切り開く。3位はシズの「たかられた話」。国を悩ますパースエイダー持ちの盗賊22人を、シズは刀で全滅させた。上のランキングと照らし合わせるとこの回だけシズの殺害数が突出していることが分かる(さらに10巻ティーの一日以来殺しをしていなそうである)。ちなみに師匠と弟子が出会った「長のいる国」でも大量に殺しているが、こちらは最低20人とカウントしている。

 

 

●その他累計数
エルメスの言い間違い累計数:49
キノが危害を加えられそうになった累計数:57
シズの主張が認められなかった累計数:6
師匠達が狼藉を働いた累計数:12

〜キノの登場話数は上で述べたが、旅立ち前の話を省けばだいたい180話程度となる。そのうちこれだけの数エルメスが言い間違えたり、キノが危害を加えられそうになっている。特に後者のほうは、3話につき1回は襲われそうになっている計算になる。師匠達の狼藉についてだが、登場初期こそ毎回のように狼藉を働いていたふしがあったが、ここ最近の話ではあまり目立たなくなってきている。一番非道なのは先の大量殺害か、奴隷商人保護契約と賊へのルート暴露の二重契約による娘見殺しか。

 

 

●最も稼ぎが多い主人公達
1位:師匠達
2位:キノ達
3位:シズ達

〜書くまでもなく師匠達が最も稼いでいる。本来であれば稼ぎが多かった話を書くべきなのだが、あまりにも師匠達が多岐に渡って稼いでいるので順位を付けられず。推察するならやはり宝石の類が一番儲かると思うので、師匠と弟子の出会いの話である「長のいる国」での国からの貢物、もしくは「ある愛の国」での火事場泥棒、貨幣であれば金貨300枚の「殺す国」となる。
   キノの場合、滞在先で食事や補給物資がタダになることは多いが、仕事を受けて高額報酬を受ける機会は少ない。例外的に多くの宝石類を手に入れた話として、富豪の危機を強引な方法で救った「税金の国」、飛行艇偵察報酬の「戦えない国」がある。
   結局ジリ貧なのはシズとなる。国に感謝されたことはあるが宝石といった類を受け取った記憶がない。まあ「コロシアム」の最後で王冠を持っていたのでそれを売ればお金になったかもしれない。

 

 

●キノが最もピンチだった話
1位:「城壁のない国」
2位:「英雄達の国」 -No Hero-
3位:「羊たちの草原」
4位:「人を喰った話」

〜無敵に思えるキノですら窮地に陥ったお話がこちら。最も危なかったのは吟味した結果「城壁のない国」となった。お茶程度の罠ならキノは容易く回避できるが、エルメスを解体されたり、キノに味方してくれた男が敵だったら確実に詰んでいた。あの時キノは男に不意打ちで口を塞がれ、持っていた銃の引き金を引いても弾が出ない局面まで追い込まれた。
   2位は武装をした7人の男達に襲われる「英雄達の国」。キノは大勢の男達を相手に奇策を駆使し、確実に数を減らしていった。3位は羊たちに包囲された「羊たちの草原」。一時的にエルメスも失う羽目になり、車を見つけられなければ打開策はなかったかもしれない。4位は「人を喰った話」。少し順位が下がった理由は、3人に囲まれホールドアップからの武器を捨てろ状態だとしても、キノならいくらでも隙が付くことができたと思うゆえ。

 

 

 

ほかにもあったら随時更新

 

[ 小説21巻までの記録 ] 19:50 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.10.05 Thursday