キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

最新22巻発売を記念し7/9(水)
夜11:00よりニコ生放送をします
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
時系列に対応(12/14)


作中言語解説記事を
リニューアルしました!


全話リストはこちら



キノの旅 the Animated
Series 下巻(初回限定生産)
(特典サントラCD付) [Blu-ray]

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































キノの旅 よくある質問・議論

   キノの旅でよくある質問や議論について、2ちゃんねる該当スレッドを参考に書き出していく。内容は随時更新(2019/1/4〜本記事下より三つの項目を追加)。

 

 

よくある質問(全般・原作小説関連)

キノの性別は?

モトラドや犬が喋っていますが主人公達の妄想ということはあるのですか?

コロシアムにて奥さんはなぜ素晴らしい国だとキノに勧めたのですか?

パースエイダースミスとは師匠の相棒ですか?

なぜキノはパースエイダースミスに師匠の事を話さなかったのですか?

小説3巻「同じ顔の国」の案内人が言った重要な話とはなんですか?

小説4巻「ぶどう」はなぜこの題名なんですか?

小説11巻「アジン(略)の国」のラストはどういう意味ですか?

 

よくある質問(アニメ関連)

2003年アニメと2017年アニメの違いや関係はなんですか?過去のアニメを見るべきですか?

なぜ最終話が「羊たちの草原」なのですか?

 

 

よくある議論

キノ永遠の子供説について

キノの本名について

小説6巻「戦車の話」で戦車長はなぜ乗機に破壊命令を出したのか?⇒該当話記事

小説6巻「彼女の旅」の女性は同一人物なのでは?⇒該当話記事

小説8巻プロローグの「死ぬほど驚くかもね」はどういう意味ですか?

小説11巻「つながっている国」はどういう意味ですか?

 

 

 

よくある質問(全般・原作小説関連)

●キノの性別は?

   女性です。表紙からは性別が確認しづらく、シリーズ刊行当初はこの質問がよく寄せられました。女性と察することができる点としては「人の痛みが分かる国」でのエルメスの台詞「ラブラブだったのかい」=相手は男性という点や、「コロシアム」にて「嬢ちゃん」と呼ばれ否定しなかった点、シズが「キノ君」から「キノさん」に言い換えた点から分かります。そして女性と確定する表記としては「平和な国」228pにて「キノと呼ばれた少女は、何も答えなかった。」というものがあります。ちなみに「大人の国」にて死んでしまったキノは男性ですが、いつもの主人公キノではありません。本サイトでは初代キノと呼称しています。

 

 

●モトラドや犬が喋っていますが主人公達の妄想ということはあるのですか?

 一応妄想ということはありません。少なくともミステリーであるような叙述トリックが仕組まれている事はありません。エルメスの場合、明らかにキノと距離が離れているにも関わらずエルメス単体で他者と話しているシーンが存在しますし(死人達の国)、キノの物まねをしたエルメスに対し他者から似ていると評された事があります。…と言いつつも、モトラドの中には喋らないものも居るようです(自由報道の国)。

 陸の場合は、ティーの一日にてシズが出かけ陸とティーしかいない状態でしっかりと会話が成立しており、こちらも妄想という事はありません。そしてコロシアムの最後ではキノ達とシズ達が言葉を交わしている訳でして、これで両者が腹話術ならばなかなか無理の生じる展開かと思います。

 

 

コロシアムにて奥さんはなぜ素晴らしい国だとキノに勧めたのですか?

 これについては明確な答えがありませんがネット上の数ある考察を見ていくと、奥さんは旦那を亡くし正気を失ったという点は共通しているようです。そこから派生して他人にも絶望を味わってほしい(Yahoo知恵袋参考1)、復讐してほしい(参考2)、正常な判断ができなくなった(参考3)などが挙げられています。

 

 

●パースエイダースミスとは師匠の相棒ですか?

   その通りです。一部で違うのではという説が見受けられますが、「優しい国」のパースエイダースミスは相棒だと言い切っていいと思いますです。作中で相棒=スミスという記述はありませんが(相棒が自分の銃を「森の人」と名付けている記述がないのも含め)、根拠としてはキノに託した「森の人」は相棒登場時に言及されるパースエイダーと酷似していますし(左利き用等)、師匠について知っている点が挙げられます。

 そして、2017年アニメ同話のオーディオコメンタリーにて、「年老いた弟子が出てくる」と明言されたため、パースエイダースミス=相棒であることが確定しました。

 

 

●なぜキノはパースエイダースミスに師匠の事を話さなかったのですか?

   師匠はさまざまな国でやっかいごとに首をつっこんでいるため、感謝されるだけでなく恨まれる場合もあったからです。もしキノが師匠を恨んでいる人に教えてしまった場合、キノが身の危険になる可能性があります。なので師匠から口止めを言い渡されたのです。

 

 

●小説3巻「同じ顔の国」の案内人が言った重要な話とはなんですか?

   小説では直接解答が為されていませんが、後に国が攻撃を受けると察知している事だと考えられます。

 

 

●小説4巻「ぶどう」はなぜこの題名なんですか?

   このエピソードのモチーフがイソップ童話の「すっぱいぶどう」からきているためのようです。詳細および情報提供カメロン様

 

 

●小説11巻「アジン(略)の国」のラストはどういう意味ですか?

 要点をまとめると

・国の名前の由来は住人も知らない⇒旅人達による人口調整の際死亡した人達全員分の名前だった

・師匠が復讐者に国名を見るよう促した⇒師匠は復讐者ミライ・ツーの名前が国名にあったことで国名の意味を把握した

・人口が一人増えました⇒復讐者は死亡した人達を忘れてのうのうと生きている同胞を恨んだが、国名を見たことでそうでないことに気付き考えを改めた

・「今頃、石碑を必死になって掘り直しているところでしょうかね?」⇒死亡した人達の名前が国名で石碑に刻まれているため、生きているミライ・ツーの名前を取り除くことになった

 

 

 

よくある質問(アニメ関連)

●2003年アニメと2017年アニメの違いはなんですか?過去のアニメを見るべきですか?

 キノの旅は2003年に初めてTVアニメ化され、それを皮切りに劇場アニメ化もされました。その展開も2007年公開された劇場アニメ「キノの旅 病気の国 -For You-」にて一段落を迎えます。それから月日が経った2017年、再びTVアニメ化されることになりました。さて具体的な2003年TVアニメと2017年TVアニメの違いですが、まず「コロシアム」「優しい国」「大人の国」のお話に関しては、2003年も2017年もアニメ化されています。これらのお話はキノの旅における鉄板エピソードであるため採用といえるでしょう。しかしそれ以外は別のお話が採用されています。そもそもキノの旅の原作小説は時系列がバラバラです。そのため2003年アニメが過去の出来事を取り上げているわけではなく、少なくとも2003年アニメを見ないと分からないということはありません。

 その他の違いとしては、単純に現代と一昔前のアニメ技術の違いというのもあったり、原作者時雨沢恵一先生が2003年アニメ製作においてあまり関与していなかったものを2017年アニメの方は積極的に関与していたり、それと関連してか2003年アニメはアニメオリジナル展開が多いのに対し2017年アニメは原作小説準拠になっている、といった事が挙げられます。このように2つのTVシリーズには大きな違いがあるので、とりあえずは2017年のアニメを見て、さらに興味が湧いたら2003年のアニメを見てみてはいかがでしょうか。

 

 

●なぜ最終話が「羊たちの草原」なのですか?

 最終回手前の話が「優しい国」や「大人の国」というインパクトのあるお話ということもあり、なぜ日常回とも言える「羊たちの草原」が最終話なのかと疑問に思った方が多いようです。この理由については、最終話BDオーディオコメンタリーや、BD第三巻付属のブックレットにその理由が語られています。詳細はそちらをチェックしてもらうとして、大まかに言うとキノの旅の原点ともいえる「キノとエルメスの関係が分かる話であること」、また「キノの旅はまだまだ続く」ことを表すうえで適したお話なのが理由だそうです。

 

 

 

よくある議論

●キノ永遠の子供説について

 キノの旅の原作小説は短編集となっていますが、そのほとんどが十代中頃と記述されています。一方で、大人の国出身のキノは大人の手術を受けるのを拒否し、国を脱出してます。これら二つの事実を関連付けて、キノはずっと大人になれない体なのではという説がネット上に存在します(詳しくは関連記事のリンクにて)。

 とてもユニークで、管理人にはまったく思いもつかなかった説なのですが、これには否定要素があります。2chレスによると、著者はキノについて"サザエさんのワカメちゃんのように歳をとる考えがない"そうです。つまり、十代中頃の記述ばかりなのは単にその理由であり、大人になれないためではないようです。ただ、これはあくまでこの発言当時の2009年8月時点での話ともいえます。後になって著者が面白い設定を思いつきそれを採用する流れもあると思うので、完全に否定できるわけではないかと思います。

 

 その他の議論項目についてはさらに下スクロール、もしくは目次のリンクより

 

 

 

注:記事掲載の順列の都合上、投稿日時を操作。初投稿日2018/6/3

[ よくある質問・議論 ] 00:07 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.05.24 Thursday
キノの本名について

 「キノの旅」とタイトルが表すように、本シリーズの主人公の名前はキノです。しかしこれはキノの親から授かった名前ではありません。親から授かった名前は別にあります。しかしその名前について作中では「×××××」と記述され、なんと読むのか明らかになっておりません。

 キノの本名については大人の国収録の第一巻発表以来、各所でたびたび議論が交わされてきました。中には実際の花の画像も交えとても深く考察している方もいます。そのうえでそれらを凌ぐような考察をするのが理想ですが、残念ながら管理人はこれほどまでに質の良い記事は書けません。なのでここは質ではなく量で攻めていきたいと思います。具体的には、ネット上のあらゆる候補名を羅列します。

 ですがその前に、キノの本名についての情報をまとめておきます。


「大人の国」
・冒頭の一人称私のキノは、なんて呼ばれていたかもう覚えていない
・何か花の名前
・読み方を少し変えると、とてもいやな悪口になる
・それでよくからかわれた

・小説上では「×××××」→しかしキノの旅における伏字は「×××××」と統一されており、5文字とは限らない
・キノはコートを着て国に来た=12歳誕生日直前の季節参考
・キノという名前を聞き、短くて呼びやすくていい名前だと思った→本名は長い可能性
・初代キノからはいい名前と言われた

 

「誓い」
・今の時期に咲き乱れる紅い花
・地平線まで広がる花
・この季節ほんの短い時間だけ咲く
〜これらを踏まえ、「何かをするために」の185pにて「冬が来て、春になって―」という発言。さらに誕生日プレゼントには「ちょっと早いですけど」とある事から、誕生日=花が咲く季節は秋付近ではとも推察できる


「紅い海の真ん中で」
・一面の紅い世界
・花を蹴散らして=木ではない

・小説作中イラストとして、6巻目次と7巻口絵ラストにイラストあり
・アニメ一期二期ともども「大人の国」・「紅い海の真ん中で」で映像化

 


 次に、詳しく考察されている余所様のページや、議論のある掲示板を挙げたいと思います。

キノの本名を考えてみよう
ピクシブ百科事典「キノ」

yahoo知恵袋「キノ 本名」
ザ掲示板「キノの本名を当てる会」
・2ch歴代時雨沢恵一スレッド(議論の多い箇所を抜粋その1その2その3その4その5その6

 


○特筆候補名
・さくら
 やはり筆頭となる候補名。優しい国で出会った少女の名前で悪口についても作中で述べられている。アニメCCさくらの主人公「木之本桜」を言い換えると「キノ元さくら」という掛詞もよく挙げられる。しかしこの説は否定意見が根強い。さくらは紅くないうえ木に咲くなどである。
 ところで2期アニメ化周辺の時期には2chスレッドにて作者が否定したという書き込みが多く見られた。これが本当なら完全に否定が出来るのだが、ソースが明確ではない(少なくとも管理人が過去より一通り見返したツイッターではなかった)。知っている方がいたら教えてほしい。

 

・ポピー

 2011年の電撃文庫秋の祭典にて『希望の花の種 ポピー』と題し配られた。同年の震災を受け他の電撃文庫作品それぞれに花の種が配られ、キノの場合はポピーだったらしい。キノの本名だからという名目では配られていないが可能性はあるかと(ほか参考2chスレ)。

 

・ケイト(鶏頭)

 「恋文の国」にて同名のケイトなる人物が登場したため可能性は低い。

 

・ヒナゲシ

 いろいろなサイトを巡ってみてこれを推している方がやや目立った(余所様記事リンク2chリンク

 

 

 

 ここからはその他の候補名を挙げていきます。ただ管理人は花に詳しくなく、反論されれば対処できません。なのであくまで候補名を挙げる事のみに留めておきます。そしていずれの候補名にしても、主に「開花季節」・「悪口になるか」という条件が同時にしっくりくる物は出ていません。そのため著者が考えた架空の花という可能性も十分あり得るかと思います

 

○頻出候補名

彼岸花

リコリス

アマリリス
ケシ

ナガミヒナゲシ

ハイビスカス

ローズ(薔薇)


○その他候補名

ラフレシア
カーネーション
アマリリス
撫子(なでしこ)
芥子
デイジー
ハス

芙蓉
シバザクラ(芝桜)
キルシェ
コスモス(秋桜)
シクラメン
はなみずき

ハナズルソウ

イモカタバミ

ムシトリナデシコ

ミソハギ
ポインセチア
サクラソウ(さくら草)
パンジー
アマポーラ
ざくろ
マンジュシャゲ
アイリス
スイートピー
アサガオ
ひまわり
ラーレ
キンシャラ
クロッカス
シネラリア
グロリオサ
オキナグサ

椿
ハギ
ツツジ
サルビア

 

 

 

注:記事掲載の順列の都合上、投稿日時を操作。初投稿日2018/10/5

[ よくある質問・議論 ] 23:01 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.05.24 Thursday
キノの旅「死ぬほど驚くかもね」諸説まとめ(最終更新2019年1月)

2019/1/4記事追記〜とりあえず伏線説を追加、キノ不老および永遠の子供説にて追記

 

 

   キノの旅小説8巻およびアニメにおいて「船の国」と「渚にて 旅の始まりと終わり」というエピソードがある。このラストで、シズ達と別れたキノとエルメスは、お話の締めくくりとして「死ぬほど驚くかもね」というセリフを残した。

 

   この台詞について、正直なところ管理人はなんとも思わず軽く流していたのだが、発売当時の2004年10月から2ちゃんねるの該当スレッドでは多くのユーザーが疑問を抱くに至った。そして年月が経ち小説は21巻が刊行、さらにアニメ2期ASシリーズにてこのエピソードと台詞が採用、さらに月日が経った2018年9月現在も結論がでていない(参考:ツイッター検索「死ぬほど驚くかもね」)。

 

   本記事ではネット上で指摘されたすべての説を取り上げ、年月が経った今でも通用する説なのかそれぞれを検討する。さらに記事の終盤には著者発言の手がかりもあり、かなり候補が絞れるかもしれない(本来は最初に提示すべきだが、著者発言は本記事作成後だいぶ経ってから発見し、記事構成が崩壊する恐れがあったため終盤に記述)。
   最初に、問題の原点となる台詞について、関連する可能性のある事前の文章を含め書き出しておく。


ーーーーーーーーー
「そうか……。じゃあ、ここで一旦さよならだ。またどこかで」
「またどこかで。――でも……」
「でも?」
「いいえ。なんでもありません。ボクが旅を続けていれば、あなたがいつか住む場所にたどり着くと思います」
「……その時は、私がそこに落ち着いていることを願う。そして心から歓迎するよ」
「ええ」

 

「久しぶりに走ると、やっぱり気持ちがいいね」
「まーね。ところでキノ」
「ん?」
「あんなこと言ったけど、将来またあの人と会ったら、その時は……」
「そうだね。あの人は――」

 

「死ぬほど驚くかもね」
ーーーーーーーーー
小説キノの旅8巻「渚にて 旅の始まりと終わり」16~17pより引用
   そしてアニメ二期ASシリーズおいて「そうだね。あの人は――」のあと間を置かず「死ぬほど驚くかもね」とキノが発した。これにより「あの人(=シズは)死ぬほど驚くかもね」という可能性が高くなった(実際のアニメの声を聞いてほしい、本台詞のキノの口調からあの人=シズが驚くだろうという口調に思える)。小説のみで解釈する場合「死ぬほど驚くかもね」の主語はキノ達ではという意見が存在した。

 

 

 

諸説一覧

○否定要素のある説
キノを男性だと誤解説
誤解していると誤解している説
シズ死亡説
あの世で会う説、幽霊に会う説
キノが会話していたのは陸かティー説
「死ぬほど驚くかもね」エルメス発言説
シズ定住ありえない説
シズ海岸定住説

シリーズ慣例からして「渚にて 旅の始まりと終わり」にa・bがある説

 

○否定要素はないが決定打に欠ける説

とりあえず伏線説

会うたび驚くので説、会うたび戦うので説
再会できるのはごく稀説、会うとしても老衰している説
さきの生死に関わる件を受けて説
小説特有baパートからくる伏線暗示説
キノ不老および永遠の子供説


○その他の説

○著者の発言
○検索ワード・検索範囲等

 

続きを読む >>
[ よくある質問・議論 ] 20:33 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.05.25 Friday
小説11巻「つながっている国」諸説まとめ

   キノの旅小説11巻において「つながっている国」というエピソードがある。端的にいえば地上には誰もいない国の地下で、男がチャットを通じ地上にいる人を交信しているつもりになっているというお話。だが意外にも2ちゃんねる該当スレッドでは、真相について諸説入り乱れることとなった。

   本記事では最初に小説から分かる要点を列挙し、その後でスレッドで挙げられた諸説をまとめ、それぞれ検討してみたい。

 

 

 

●元住人の証言
・国は4年前に放棄された
・きっかけは占い師が国の建物等の配置は縁起が悪く、いつかみんな地の底に落ちる、地獄に行くだろうと言ったこと
・住人達はそれを信じ、造り直すよりも引っ越す方が早いと考え、みないろいろな国へ移住した
・科学レベルが高い住人達だったので、あちこちで歓迎された
・国を管理する機械やシステムは残してきた。いわく付きだが住みたいのなら住んでいい

 


●国の様子
・建物が破損した様子はなく、道は小綺麗で無人トラックが掃除をしている
・国の中心部には石碑があり、国を捨てた理由が懇切丁寧かつ正直に書かれている。裏には旅人がペンキで理解できないとあった
・原子力発電所や燃料生成施設がある
・夕方、子供に帰宅を促す放送と音楽
・アパートの一室の電気はスイッチを入れることで使えたが、TVは機能していなかった
・首吊り死体があった。遺書には国を離れるのも地獄に行くのも嫌なので天国に自ら行くとあった(傍らに通信端末)

 


●病気の男がいる施設について
・道を走っている際エルメスの視界に一瞬映った
・広い中庭の中央に、コンクリート製の墳墓かモニュメントのような大きなドームがあった
・鉄の扉とその手前にスロープがある
・扉に近づくと音声案内(落ち着いた女性の声)でご主人様との面会を希望される場合はお待ちくださいと言った。待っていると男の声もした
・大型エレベーターのようなものでかなり地下深くまで(数十秒かけて)降りた

 


●病気の男について
・8年前から一人暮らし
・細身で青白い顔ながら元気そうな二十代前半の男
・日にあたると体がとんでもないことになる病気にかかっている
・男曰く国の人にしか感染しない。キノも似た病気を知っているがそれは人に感染するものではない
・病気の根拠は伝説。ご先祖が雨乞いのため一生太陽を見なくてもいいと言った結果、雨の代わりに太陽を浴びると生きていけなくなった。そして家族にも感染し首長の子供が死んだ
・それ以来この国には僕のような病人がたまに出て、感染すると大変なので隔離される
・食料はエレベーターで届けられる。干しブドウも好き
・電話も感染するかもしれないのでしない
・4年前から招待した旅人が国に人がいないと言い始めた
・TVが映る(国の放送は常に録画放送で、もともと生放送のニュースは存在しない)

 


●通信端末について
・首吊り男の黒い通信端末はキノ達の力では画面を途中までしか進めることはできなかった
・男は薄い蒼色の通信端末を持っている。これは国民の身分証代わり
・この機械は国に住むすべての人と文字情報のやりとり(チャット)ができる
・多数のジャンルから一つを選び会話に参加
・男のタイピングはとても早い
・男の呼びかけに、十秒もしないうちに10人以上からの返答が入った
・首吊り男の機械を差し出したところ、男がキノでも使えるようにしてくれた
・国の外では通信ができない、国の中だけ
・男がやりとり(チャット)が出来るようになったのは4年前から

 


●ストーリーのラスト
・通信端末の製造年月日は6年前であり、その時からやりとり(チャット)はできていた
・男が書き込んでいた話題を見つけ出した
・そこに書き込んだら男から返事がきた

 

 


   このお話で問題となったのは、果たして男とチャットをしている存在は何なのかということである。これより2ちゃんねるスレッドで挙げられた各説を取り上げていく。

 

 

諸説一覧
・人工知能説
・他国にいる元住人説
・男と似た患者多数説
・自作自演説
・その他

 

続きを読む >>
[ よくある質問・議論 ] 20:47 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.06.15 Friday