キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

2018年をもちまして
サイト活動は一段落しました
今後の予定はこちら


キノの旅データベース
時系列に対応(12/14)


作中言語解説記事を
リニューアルしました!


全話リストはこちら



キノの旅 the Animated
Series 下巻(初回限定生産)
(特典サントラCD付) [Blu-ray]

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • キノフォント 9話〜ラストまでの作中言語を解読する
    管理人 (12/01)
  • キノフォント 9話〜ラストまでの作中言語を解読する
    Flanke (12/01)
  • 誤字修正依頼受付ページ
    管理人 (10/31)
  • 誤字修正依頼受付ページ
    syachi (10/30)
  • 誤字修正依頼受付ページ
    管理人 (10/28)
  • 誤字修正依頼受付ページ
    陽佐倉 (10/28)
  • キノの旅一巻第六話 平和な国 感想
    管理人 (10/26)
  • キノの旅一巻第六話 平和な国 感想
    じゅん (10/26)
  • (2019/1/4作業完了)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    管理人 (10/11)
  • (2019/1/4作業完了)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    CB子 (10/10)
RECENT TRACKBACK
         









































キノの旅 作中言語「キノフォント」を解読する

2018/11/23…有力な情報が溜まったため、記事を全面的にリニューアル。タイトルも2017年アニメエンドクレジットの表記に従い「キノフォント」というキーワードを追加。アニメキャプチャ解説は別記事に分離。追記2018/12/13記事末尾に関連リンクを追加

 


 キノフォントとは、漫画版作者であるシオミヤイルカ氏がデザインした作中言語です(アニメエンドクレジットに記載あり)。同氏の漫画版をはじめもう一つの漫画郷版、さらに2017年アニメにて登場しています。キノの旅の世界で表記される文字として使われているほか、2017年アニメでは各話タイトルを表示する際にこのキノフォントが使われておりました。

 

 キノフォントはアルファベットが元となっており、大文字と小文字それぞれが用意されています。そのうえで、短文やアニメタイトルはローマ字で読むことができますが、「歴史のある国」の記念碑のような長文の際は英文となっており、適時切替がなされています。

 

 そして、それらをまとめた文字対応表が下記の画像です。アニメ放送当時は管理人も独自にまとめていたのですが、より完成度の高い画像Flanke様が作っていました。この記事を書いている少し前の2018年10月に引用の許可を頂いたので、ここに掲載させていただきます。

 

 

 


 文字対応表があれば、各所に表記されているキノフォントを解読することができます。例えば「歴史のある国」の記念碑についても解読が可能です。下記の画像は2017年アニメ放映時より623様独自に解読していただいた画像です。製作陣がしっかりと設定を組んでいることが分かります。ほかにも作中ではさまざまな場面でキノフォントが使われているので、それについては後の記事で扱いたいと思います。

 

 

 

 


 このキノフォントですが、なんと自分達でテキストを出力することができます。かしのき様BOOTHにて無料公開されている書体ソフトをインストールすれば、それが可能です(ダウンロードするにはpixiv IDが必要です)。これでみなさんも自由自在にキノフォントを活用ができます。

 

 

 


 この度は作中言語「キノフォント」の情報をまとめるにあたり、多くの方にご協力を得ることができました。管理人が記事にしてよいかという問い合わせをした際、みなさまが快く受け入れていただき感謝いたします。本当にありがとうございました!

 

 

アニメ作中言語関連記事  1〜8話作中言語 ・ 徳を積む国新聞記事 ・ 9〜ラスト作中言語

 

 

 

 

[ 作中言語キノフォント ] 21:32 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.12.07 Thursday
キノフォント アニメ1〜8話の作中言語を解読する

2018/11/25…記事末尾、電波の国凶悪犯の調書画像を追加

 

 

 ここからは2017年アニメに登場した作中言語「キノフォント」について、画像を交え解説してきたいと思います(本記事は別記事より分離、新設および追記を施したものです)。

 

 

 

 各話冒頭に登場するタイトルは、そのままローマ字で読みが可能です。Flanke様の文字対応表画像をもとにアルファベットに変換し、ローマ字読みをしてみましょう。画像は第1話。変換してみると「Hitowo KorosuKotogaDekiruKuni」、「人を殺すことができる国」と読めます。この要領で2〜8話のタイトルについてはすぐに読めるので、解説は省略します。

 

 

 

 まずは第3話「迷惑な国」の公務員の名札です。字が細かいので見づらいですが、対応表があれば察することができます。書いてあるのは「UGOKUKUNI KOUMUIN」、つまり「動く国 公務員」というまさかの国名判明です。原作小説で国名が判明するのは稀で、判明したとしてもヴェルデルヴァル(平和な国)や長すぎるアジンの国といったもので、今回のような名前の国は登場しません。そのほかさらに下にも文字列がありますが、こちらは公務員のセリフ通り「入国審査官」「案内人」「警察官」「そのほか」と察することができます。しかし、一番末端の文字列だけはBDで見ても分かりませんでした。数字のように思えるのですが…解読できた方はご一報を。

 

 

 

 お次は第5話「旅人の話」です。展示されたモトラドのパネルに文字が書いてあります。こちらはローマ字読みはできず英語となっています。解読すると「The First President's Motorrad」、訳すと「初代大統領のモトラド」となります。

 

 

 

 こちらは第8話「電波の国」にてシズ達が泊まる直前のカットです。左上より(英訳参考「英辞郎 on the WEB:アルク」:https://eow.alc.co.jp/)、
MOTEL(モーテル。街道沿いにある自動車旅行者用のホテルらしい)
Cable TV(ケーブルテレビ)
Queen Bads(クイーンベッド。よくダブルベッドとか言うが、その区分でクイーンベッドというのがあるらしい)
Coin Laundry(コインランドリー)

 

ENTRANCE(エントランス。入り口)
Daily Weekly(日刊・週刊。ようは1日から短期間滞在可ということのよう)
Vacancy(空室ありということ)

 

 

 同じく第8話、校舎の名前。上段には「ELDELVAL」、これは「エルデルヴァル」と読めそうです。ここでピンと来た方は鋭いです。そう、平和の国の名前が「ヴェルデルバル」なのです。まだちゃんと検証したわけではありませんが、実は両国が近いなんてこともあるかもしれません。一方で下段については、対応表を見るとすぐに分かってしまうのですが「OPQRSTU」、アルファベットの並びそのままなのです。

 

 

 

 さらに第8話、凶悪犯の調書を見やすくした画像。管理人は英語が苦手なので、みなさんで訳してみてください。

 

 

 

 いったんここで区切ります。これ以降は次回以降の記事にて。

[ 作中言語キノフォント ] 20:45 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.11.23 Friday
キノフォント 徳を積む国の新聞を解読する

2018/11/23…キノフォント親記事の更新に伴い本記事も修正

 

 

 

 ここでは、第9話「いろいろな国」「徳を積む国」より、新聞記事の内容を中心に読み解いていきたいと思います。

 

 まずは新聞名らしき文字が書いてある面より

最初に大きく書いてあるのは、
NEUES TUGEND

これらはドイツ語らしく「新しい」「徳」と翻訳結果が出た。その下、写真の下の見出しはローマ字で
NIDAI BANK GAPPEI HE(二大バンク合併へ)
Rainendo tougou de goui(来年度統合で合意)

 

 

 反対側の面、

右上より、
GEKKAN KOUROUSYOU(月間功労賞)
JUSYOUSYA HAPPYOU(受賞者発表)

 

問題なのがその左下で、
NANBYOU(難病)AVKUSHIN(?)
KAIHATSU NI SEIKOU(開発に成功)
Sekai(世界)manea(?)kuitome ni(食い止めに)
ookiku kiyo(大きく寄与)

 

と分からない言葉があります。「manea」はおそらく「manen(蔓延)」で、製作者のミス。
「AVKUSHIN」は固有名詞なのか。しかし難病を開発という文脈から固有名詞が来るとは考えづらい。そのことから「AVKUSHIN」ではなく「WAKUCHIN(ワクチン)」であればしっくりくる。

 

 

 こちらは老人が見ている面

画面中央より、

RENZOKU YUKAIH-
AN(連続誘拐犯)TSUINI GOYOU(ついに御用)
Miseinen 6nin higai(未成年6人被害)

 

画像右上は
KEIHANZAI TASUU HASSEI(軽犯罪多数発生)
とある。この国は徳ポイントがあれば減刑される国。それにより軽犯罪を誘発していることをうかがわせる文章です。

 

画像右下は
GIINOSYOKU(議員汚職)
NO YAMI(の闇)

 

 その左下は残念ながら文章を見いだせず。新聞記事についてはこんなこんな感じです。そのほか同話で登場した新聞以外のものについて。

 

 

 

 こちらは新聞の老人の身分証

TOKUWOTSUMU KUNI  ID card
Otto Normalverbraucher
Tokuno caoital
09440816 00160816
abrh-179
point
n017801435629401439423564014

 

 こちらも「徳を積む国」という国名。次に名前が書いてありますが、これはドイツ語で「オットー 一般消費者」。これは日本でいう「山田太郎」で、そのドイツ版らしいです(参考URL:イーコムドイツ語ネット「ドイツのことわざ:一般消費者のオットー」http://ja.myecom.net/german/blog/2016/024071/)。
 次に「Tokuno」は「徳の」のローマ字読み、「caoital」が英訳で「資本」。以後は数字に「アドレス」「ポイント」となる。管理人には思いつきませんでしたが、数字にはなにか当て字があるかもしれません。

 

 

 最後に、画像下部にわずかに映るモブの身分証について

 こちらなのですが、名前の部分が「nanasinogonbei」、そう「名無しの権兵衛」なのです。こんなところでユーモアが差し込まれていたのですね。

 

 

 第9話「いろいろな国」にはまだまだキノフォントが登場します。それについてはまたの機会に。

 

 

 

注:記事掲載の順列の都合上、投稿日時を操作。初投稿日2017/12/8

[ 作中言語キノフォント ] 22:41 - | comments(2) | trackbacks(0) |2018.11.23 Friday
キノフォント キノの旅漫画シオミヤイルカ版作中言語まとめ

2019/1/3…ホテル「Hotel P-ceful」について注釈を修正

 

 

   漫画に登場する作中言語を訳していく。そもそも作中言語をデザインしたのはシオミヤイルカであり(アニメスタッフロールにて)この漫画こそ本家なのである。


第一巻
●大人の国
・旅人キノがホテルに入る際の屋根「HOTEL BLUME」
・少女キノの但し書き"あと3日です"「3 MORE DAYS」
・但し書き"最後の日"「LAST DAY」

 

●人の痛みがわかる国
・入国時の顔認証の直後「MAP」
・レストラン「ristorante la famiglia」
・ビルの看板「East HOTEL」
・洗濯ロボ「e returned」
・地図、移住エリア「Residential area」
・"中枢・政治エリア"「Center Political Area」

 

●レールの上の三人の男
・方位磁石、針で隠れている上の部分はNだと思われる(台詞でも「真北に進めば」と言っている)
Nの次より 時計回りに「ne E se (隠れて見れないがSのはず) sw W nw」
・鉄道会社の建物の看板「Railway Company」

 


第二巻
●平和な国
・城門"ようこそヴェルデルヴァルへ"「Welcome to VelDelVal」
・歴史博物館のチケット「History Museum Discount All about VelDelVal」
・"殺戮の時代"「Age of Killing」
・ホテル「Hotel P-ceful」(peacefulと同じ意味か?)
・戦勝の垂れ幕「(解読難)G??gtula(?kかも)riuts Victory VelDelVal」
・博物館再訪「Evolution of War」
・すぐ下、映像「02:00」
・新聞「Fvolution of U?」

 


第三巻
●コロシアム
・入国審査官のトランプの角「K・2・9 JOKER」

 

 

 

注:記事掲載の順列の都合上、投稿日時を操作。初投稿日2017/10/19

[ 作中言語キノフォント ] 23:08 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.11.23 Friday
キノフォント キノの旅漫画郷版作中言語まとめ

2018/11/23…キノフォント親記事の更新に伴い本記事のカテゴリの所属先およびタイトルを変更

 

 

   漫画に登場する作中言語を訳していく。漫画に登場する作中言語はシオミヤイルカ版・アニメ二期版と共通している。

 

第一巻
●「人を殺すことができる国」
・国で買出し後のコマ左上見切れ「Cafe」

 

●「撃ちまくれる国」
・ホテル「HOTEL」
・銃の店「CLASSIC SMOKE GUN」
・銃の備品、左より「FIRE×2 OIL 22(横線2つ×2)LR 44CAL 13AD」

 

●「優しい国」
・ホテル「HOTEL」
・パースエイダースミスの店「GUNs」

 

 

 

注:記事掲載の順列の都合上、投稿日時を操作。初投稿日2018/6/14

[ 作中言語キノフォント ] 23:09 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.11.23 Friday
キノフォント 9話〜ラストまでの作中言語を解読する

 前回は第9話その2「徳を積む国」の新聞を解説しました。今回はそれ以降の作中言語を解説をしていきたいと思います。

 

 


 第9話その3「料理の国」より料理屋の黒板2枚ですが、どうも誤植や脱字が多い気がします。そう思うものについては正しいと思うスペルを右側に書いておきます。上から順に、とりあえずアルファベットに変換していくと、


ZPECIALITE→SPECIALITE(フランス語で名物)
Tornikno→Torinikuno(鶏肉の)
KINOYAKI(キノ焼き)
Omowazu(おもわず)
tegaderu(手が出る)
konosigeki!(この刺激!)

 

 画像二枚目、1フレーム程度しかない黒板のカット。左側→右上→右下の順で、
Torinikuno KINOYAKI orginal(鶏肉のキノ焼きオリジナル)
Eraberu yorokobi(選べる喜び)
NEW
Torinikuno KINOYAKI MILD(鶏のキノ焼きマイルド、Dは正確には違うが組み合わせ文字ということか)

 

 

 

 第9話その4「ティーの願い」より。大量の看板があり全アルファベットが使われているのかと思ったのですが、そういうわけではありませんでした。解読にあたりBDも使いましたが、それでも自信がない字もあります。「ティーの願い」ではほかにも願い事が書かれた札がありますが、これも英語に自信がないため省略します。

 

 


 第9話その5「美しい記憶の国」より過去のキノが未来の自分に託した封筒です。BDであればある程度アルファベットは読めるのですが、そこから連想できる文章がまるで思い付かずこれに関してはお手上げです。

 右側の画像はアルファベットを置き換えると「ZEIYAKUSYO」となりますが「誓約書」であるからして頭文字はZではなくSの間違いのはずです。本文に関してはBDで見ると意味を為しているような為していないような…少なくともアルファベットに置き換えるのは至難の技です。ただ末端の署名に関しては日付と名前だと分かります。画面の「:」は2に置き換えるとして…こぼれツイート


date 01/12/2017(ラストの斜め線が7か微妙だが、いろいろな国オンエア日が同日なのでこれで間違いないかと)
name Kino

 

 


 一瞬ちら見できる本文の内容です。こちらもおそらく英文なので各自で解読をお願いできれば。

 

 


 第10話「優しい国」。一枚目は勢いで「CLOSE」と読めるが実際には「CLOSG」と書いてあり間違いです。二枚目の鏡文字に関しては「PERSUA」までは問題ないのですが、その次の文字がEのよう。実際のパースエイダーのスペルは「PERSUADER」でありおそらく間違いです。

 

 

 今回取り上げた間違いと思われるものについて、BDでの修正は一切ありませんでした。2017年アニメのキノフォント解読は以上です。

[ 作中言語キノフォント ] 19:56 - | comments(2) | trackbacks(0) |2018.11.30 Friday