キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

2018年をもちまして
サイト活動は一段落しました
今後の予定はこちら


キノの旅データベース
時系列に対応(12/14)


作中言語解説記事を
リニューアルしました!


全話リストはこちら



キノの旅 the Animated
Series 下巻(初回限定生産)
(特典サントラCD付) [Blu-ray]

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • キノフォント 9話〜ラストまでの作中言語を解読する
    管理人 (12/01)
  • キノフォント 9話〜ラストまでの作中言語を解読する
    Flanke (12/01)
  • 誤字修正依頼受付ページ
    管理人 (10/31)
  • 誤字修正依頼受付ページ
    syachi (10/30)
  • 誤字修正依頼受付ページ
    管理人 (10/28)
  • 誤字修正依頼受付ページ
    陽佐倉 (10/28)
  • キノの旅一巻第六話 平和な国 感想
    管理人 (10/26)
  • キノの旅一巻第六話 平和な国 感想
    じゅん (10/26)
  • (2019/1/4作業完了)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    管理人 (10/11)
  • (2019/1/4作業完了)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    CB子 (10/10)
RECENT TRACKBACK
         









































キノの旅漫画シオミヤイルカ版 感想(ネタバレあり)

●キノの旅漫画 -the Beautiful World-
著者:シオミヤイルカ/マガジンエッジKC
単行本発売:2017年7月〜
登場人物:キノとエルメス、初代キノ

 


この漫画について
   この漫画はキノの旅アニメ二期の3ヶ月ほど前に単行本が発売され、キノの旅シリーズ第二波とも言えるマルチメディア展開のさきがけを担ったといえる作品である。漫画一巻のあとがきによると、キノの旅はアニメ化やゲーム化はすでに遂げられていたが、なかなか漫画化はなされず、長年経った末のようやく漫画化されたらしい。これはコンテンツのメディアミックス展開では、漫画化が手始めに行われる慣例であり、このように遅くなったのは珍しいことだと触れられている。

 

   ストーリーは原作準拠であり、それを軸に漫画化がなされている。デザインに関しては、小説イラストのキノのデザインと比較すると、漫画のほうが等身が高く顔もどこか女性っぽいように思える。意外だったのは収録話数で、漫画第一巻の場合前四話+プロローグとエピローグとなっており、少ない印象を受けた。しかし小説は文章であり、その分いくらでもボリュームを盛ることができるのだと思った。

 

   そして特筆すべきは小説版著者時雨沢恵一氏の出番が多いということ。巻頭カラーの2ページはイラストと時雨沢恵一氏による小説話の捏造回からはじまり、あとがきには漫画作者ではなくなぜか時雨沢恵一氏のあとがきが載せられているということ。ちょっと出しゃばりすぎじゃありませんかねぇ?

 

 

作中言語まとめ

 

第一巻

口絵?「大人の国」より捏造
プロローグ「森の中で・b」
第一話「大人の国」
第二話「人の痛みが分かる国」1/2
第三話「人の痛みが分かる国」2/2
第四話「レールの上の三人の男」
エピローグ「森の中で・a」
あとがきっ!

 

[ 漫画シオミヤイルカ版 ] 19:29 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.10.19 Thursday
キノの旅漫画シオミヤイルカ版1巻口絵 「大人の国」より捏造 感想

申し訳ないが管理人は漫画を購入しておらず、友人に付いていく際の漫画喫茶でしか読めない。そのため記事更新はだいぶ延び延びになる

 

 

●「大人の国」より捏造/文:時雨沢恵一
一言でいうと:大人の国ハッピーエンド
登場人物:初代キノ、少女キノ、エルメス
小説版「大人の国」ページ

 


あらすじ
   二人の人間を乗せたモトラドは城門を通り抜けた。番兵がなにか叫んでいたが、×××××には聞こえなかった。初めて見る国の外には、あちこちに紅い花が咲いていた。
   「綺麗だね!」キノが言った。「うん!」と×××××が言った。さらに「そうだね!」とモトラドが答えた。その声の主を×××××が分からないでいると、モトラドが君のお尻の下と言い、ようやく×××××は誰がしゃべっているのか理解した。
   そしてモトラドは、名前はと聞いてきた。キノは自己紹介をし、モトラドの名前はエルメスだと答えた。エルメスは後ろの子はと聞いた。×××××は国を見返した。もう城壁は二度と見えなくなった。そしてキノの体の脇から進む方向をしっかりと見ながら答えた。「私は―」

 


感想
   漫画を開くとまず目に飛びこんでくるのがこのお話。「初代キノ」と「11歳少女でいつもの主人公キノ」、さらにその二人を乗せたエルメスが見開きで大きく描かれている。少女キノは髪が長くありのまま少女。そして初代キノはゴーグルをつけ表情が掴めないが、いわゆるイケメンに見える。
   アニメの時の初代キノは、いつもの主人公キノと歳がだいぶ離れている印象だった。しかし漫画版の初代キノは年齢が引き下げられているように見え、さらにいつも主人公キノも年齢が引き上げられてるようで、普通にカップルに見える光景である。
   「大人の国」より捏造と書かれたこのお話は、小説版著者時雨沢恵一によるもうひとつの大人の国、そしてハッピーエンドである。なぜ漫画版に収録されたかは不明だが、小説版にいれると小説版の世界観を大きく崩しかねないと思うので、これでいいと思う。実際この展開が理想であったが、それだと現在のキノがいなくなってしまうので、いたしかたあるまい。この二人の物語も見てみたいが、それを表したのが小説著者の別作品なのかもしれない。

 

 

[ 漫画シオミヤイルカ版 ] 20:28 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.10.19 Thursday
キノの旅漫画シオミヤイルカ版1巻 大人の国 感想

●大人の国
一言でいうと:キノが故郷から逃げ出す話
登場人物:初代キノ、少女キノ、エルメス

小説版「大人の国」ページ

 

 

 

あらすじ
   11歳の少女キノ(当時の名前を忘れた)の国に旅人が現れた。宿屋を探しているということで自分の両親が営む宿に案内した。少女キノには大人になるための手術の日が近づいていたが、初代キノとの交流でそのことに疑問を持った。そして両親にその事を話したら、両親が豹変し少女キノへの罵倒の嵐。しまいには少女キノを殺しにかかってくるが、それを初代キノが身をもって阻止、そして死んだ。再び少女キノに危機が迫るが、そこに声をかけたのは初代キノが直したモトラドのエルメスであった。少女キノはエルメスにまたがり国を脱出した。

   そして、いつもの主人公キノがそこにいた。これからどうすると聞くエルメスに、いつも通りさエルメス、旅だよとキノは答えた。

 


感想
   巻頭カラーとプロローグを終え、第一話となったのがキノの旅立ちとなるこのお話である。例外を除き、キノの旅の時系列的に最初に位置するのがこのお話であるが、これを第一話に持ってきたの小説やアニメは存在しなかった。そのことからも漫画では新しい試みがなされている。

   一番最初のコマで長髪の少女が描かれるが、原作小説を読んでいる身としては、11歳キノというより師匠を思わせる容姿である。少女キノの背は初代キノの肩ほどで、一期アニメ化の時の圧倒的な背の差と比べると縮まっている。それを見ると両者は普通に恋愛対象範囲内に思う。

   いつもの主人公キノは男に間違われることが多いが、漫画の少女キノは長髪で少女そのものであり、単純にかわいい。小説のイラスト以上に目がぱっちりとして、このお話では笑顔をいたるところで見せてくれる。

   しかし、物語は転機を迎え、両親や住人が狂気に包まれる。それまでの和やかだった作風が一転、とてもおぞましい作風の顔になる。これにより物語が転機を迎えたことがストレートに伝わってくる。これは漫画特有の感触である。これまでの各作品、小説、アニメ、そして今回の漫画。ストーリーの展開は同じであるものの、その感じ方はそれぞれ微妙に異なっている。

 

 

[ 漫画シオミヤイルカ版 ] 20:30 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.11.08 Wednesday
キノの旅漫画シオミヤイルカ版1巻 人の痛みが分かる国 感想

●人の痛みが分かる国

一言でいうと:下心まで伝わる国
登場人物:キノとエルメス

小説版「人の痛みが分かる国」ページ

 

 

 

あらすじ

   おなかをすかして入国した国は誰も人がいなかった。街はビルが立ち並び、レストランやホテルでは機械がすべてやってくれた。だが民家を覗いてみれば確かにそこに人がいた。ちょうどそこにいた人に話しかけてみると、その人は大変驚かれた。そしてこの国で何があったかを話してくれた。

 

   この国では人の考えが分かる薬が開発された。それは素晴らしいものに思えたが、実際には問題だらけであった。それゆえに他人と距離を置くようになってしまったのであった。

 

 

感想

   ストーリーの感想については小説版等のページに譲るとして、漫画において注目したのが冷蔵庫のような四角い機械。よく見てみるとどれも同じ機械というわけではなく、ウェイター機械なら脇下にエプロン、ホテルマンなら帽子と仕事によってアイテムが添えられている。

 

   漫画における感激のあまり泣く男の絵。実に激しく泣いていると伝わってくる。

 

   早朝、キノが2丁の銃を同時に分解しているシーンがある。これはネット上の指摘で、片方ずつ整備しないと万が一このタイミングで襲撃された際危険ではというものがある(原作では二丁の銃を整備したとあるものの、同時に整備分解したとの記述はない)。

 

   居住エリアで人を探す際、何気なく家の中で飾られた一輪の花を見てキノが「……」と言っている。もしかしたらこの花はキノの故郷での名前の花と同じなのかもしれない。

 

   ビルから人を探す際、キノはスコープを使っている。小説版においてスコープは二種類存在し・・・ただ、漫画のタイプのスコープは蓋が長距離狙撃用のスコープ、つまりフルート付属のスコープに思える。

[ 漫画シオミヤイルカ版 ] 19:02 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.05.06 Sunday
キノの旅漫画シオミヤイルカ第1巻 レールの上の三人の男 感想

●レールの上の三人の男

一言でいうなら:3人それぞれがレールで徒労している話

登場人物:キノとエルメス

小説版「レールの上の三人の男」ページ

 

 

あらすじ

   森の中を苦労して進んでいたキノの目の前にレールが現れた。レールに沿って進むと時間を置いて3人の男と出会った。一人は線路をぴかぴかにし、一人はそのぴかぴかの線路を取り外し、一人は線路の跡地で改めて線路を引いていた。

   3人目の男から「旅人さんは何処へ行くんだい?」と聞かれたキノは、いままでの出来事を思い出し、「進むべき方角へ」と答えた。

 

感想

   特筆すべきは物語の最後でキノが 「進むべき方角へ」 と答えた事。このエピソードは小説版はもちろんアニメ一期でも取り上げられているが、いずれも最後の台詞は存在しない。だが漫画版では疑問の回答に明確に答えている。

   漫画ということもあって3人の男の容姿が描かれるが、歳の違いもあって風貌は大きく異なる。しかしよくよく見てみると、同一人物におけるそれぞれの年代を表したようにも思える。

 

[ 漫画シオミヤイルカ版 ] 22:12 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.05.08 Tuesday
キノの旅漫画シオミヤイルカ第1巻 森の中で 感想

●森の中で

一言でいうなら:キノが旅をする理由

登場人物:キノとエルメス

小説版「森の中で」ページ

 

 

あらすじ

   寝るまえにエルメスから話しかけられた。モトラドは走っているときが一番幸せで旅が好きということ。それならなぜ人間は旅をするのかということだった。キノは自分が汚い人間だと思うときがあり、そんな時自分以外の世界が美しく感じると答えた。よく分からないやというエルメスに、ボクも分かっていないかもしれない、それを分かるために旅を続けているのかもしれないと言った。

 

感想

   漫画のプロローグ・エピローグを勤めるのは原作同様、森の中でとなった。このお話は小説はもちろんアニメ化もされており、各媒体の比較がしやすくなっている。漫画版で印象深いのは、あたえられたページの広さで自由に書き割りすることができるという点である。

   一方でプロローグのラストで月が輝くカットがあるのだが、最初見たとき朝日かと思ってしまった。漫画のモノクロ調ゆえの欠点である。

 

[ 漫画シオミヤイルカ版 ] 22:03 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.05.15 Tuesday
キノの旅漫画シオミヤイルカ第1巻 あとがきっ! 感想

●あとがきっ!

一言でいうなら:なぜか小説著者のあとがき

 

 

内容

   漫画版をお読みの皆様こんにちは!と始まるのは、漫画作者ではなく原作小説著者の時雨沢恵一氏のあとがき。

   作品のメディアミックス展開はたいてい漫画からであり、キノの旅のアニメやゲーム化を経てからの漫画化は珍しいこと。漫画のクオリティに大興奮と大満足の一言であること。3DCGエルメスのデザインは何度も自分から漫画作者に修正依頼をし、応じてくれて感謝していること。

 

感想

   なんで漫画著者でないのかなかなか疑問。個人的には、漫画作者がキノの旅についてどのような見解を持っているのかに興味があった。エルメスが3DCGなのはあとがきで触れられ初めて気付いた。なのでとても漫画に馴染んでいると思う。

[ 漫画シオミヤイルカ版 ] 20:13 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.05.21 Monday