キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


   
 〜 管理人コメント 〜

毎週金曜25:00頃より
ニコ生放送をしています
放送コミュニティはこちら

全話リストはこちら
作中言語解説はこちら

キノの旅データベース
  を更新しました!





キノの旅 the Animated
Series 下巻(初回限定生産)
(特典サントラCD付) [Blu-ray]


 
CATEGORIES
 


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         
 記事検索

 全話リストはこちら












































キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について

 まずは小説「キノの旅」著者である時雨沢恵一氏のツイートをご覧ください。これは2018年8月10日の投稿です。

 

 


 小説キノの旅は2004年の第8巻以来、毎年10月に発売されておりました。ですがこの度22巻においてその記録が途絶えることとなりました。このまま学園キノのように音沙汰がなくなってしまう…というのはさすがにないかと思いますが、キノの旅は既に21巻も刊行されています。次が最終巻ということもありうるのでは…と危惧しております。本サイト運営における一大事です。


 一方で管理人は、個人的な趣味としてアクションゲーム「無双シリーズ」×美少女ゲーム「恋姫シリーズ」の吹き替えMADなんてものを過去に作っているのですが(参考:ニコニコ動画自作動画リスト)、そろそろ新作を作りたいなぁなんて思っています。

 


 それらを鑑みた結果、キノの旅の精力的な活動については2018年今年いっぱいをめどにすると決めました。もちろん小説22巻発売時はこれまでのような更新や臨時的なニコ生放送をするつもりです。しかし、それ以外の更新は減るかと思います。

 

 キノの旅に関する活動の大詰めということで、いつもご覧下さりお世話になっている皆様より、取り上げてほしいネタ等を募集したいと思います。現在管理人が今年中に取り上げる予定のネタについてリストを作成しておりますので、それに含まれていない、こんなネタも取り上げてほしい! なんてものを募集したいと思います。近日中に本記事にて管理人のネタリストを発表いたしますので、しばらくお待ちいただけると幸いです。

 

 

 

[ サイト制作日誌 ] 19:54 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.08.17 Friday
データベース更新+サイト見直し作業進行中です

   2018年4月にまとめサイトの見直しをすると宣言しましたが、順調に進行中です。現在小説10巻までの記事の見直しが完了。記事の増強の方は「彼女の旅女性同一人物説」「死ぬほど驚くかもね」などボリュームのある記事を新設しました。この調子で毎週小説を一巻ずつ見直ししていくつもりです。それと連動しニコ生放送もしているので、機会があればぜひ放送にお越しください。

 

   そして、久しぶりにキノの旅Excelデータベースを更新しました(ネット上にある「Excel Online」というサービスを利用・PC閲覧推奨)。項目の見直しや誤った情報の修正、さらに「概要・使用例」のページを新設し、使用規約を書き留めておきました。今までと同じ下記URLとなっているのでよろしくお願いします。

 

https://1drv.ms/x/s!AklL8EjDzbachii4W_VY5pPNvdi5

 

 

 

[ サイト制作日誌 ] 21:21 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.06.15 Friday
小説11巻「つながっている国」諸説まとめ

   キノの旅小説11巻において「つながっている国」というエピソードがある。端的にいえば地上には誰もいない国の地下で、男がチャットを通じ地上にいる人を交信しているつもりになっているというお話。だが意外にも2ちゃんねる該当スレッドでは、真相について諸説入り乱れることとなった。

   本記事では最初に小説から分かる要点を列挙し、その後でスレッドで挙げられた諸説をまとめ、それぞれ検討してみたい。

 

 

 

●元住人の証言
・国は4年前に放棄された
・きっかけは占い師が国の建物等の配置は縁起が悪く、いつかみんな地の底に落ちる、地獄に行くだろうと言ったこと
・住人達はそれを信じ、造り直すよりも引っ越す方が早いと考え、みないろいろな国へ移住した
・科学レベルが高い住人達だったので、あちこちで歓迎された
・国を管理する機械やシステムは残してきた。いわく付きだが住みたいのなら住んでいい

 


●国の様子
・建物が破損した様子はなく、道は小綺麗で無人トラックが掃除をしている
・国の中心部には石碑があり、国を捨てた理由が懇切丁寧かつ正直に書かれている。裏には旅人がペンキで理解できないとあった
・原子力発電所や燃料生成施設がある
・夕方、子供に帰宅を促す放送と音楽
・アパートの一室の電気はスイッチを入れることで使えたが、TVは機能していなかった
・首吊り死体があった。遺書には国を離れるのも地獄に行くのも嫌なので天国に自ら行くとあった(傍らに通信端末)

 


●病気の男がいる施設について
・道を走っている際エルメスの視界に一瞬映った
・広い中庭の中央に、コンクリート製の墳墓かモニュメントのような大きなドームがあった
・鉄の扉とその手前にスロープがある
・扉に近づくと音声案内(落ち着いた女性の声)でご主人様との面会を希望される場合はお待ちくださいと言った。待っていると男の声もした
・大型エレベーターのようなものでかなり地下深くまで(数十秒かけて)降りた

 


●病気の男について
・8年前から一人暮らし
・細身で青白い顔ながら元気そうな二十代前半の男
・日にあたると体がとんでもないことになる病気にかかっている
・男曰く国の人にしか感染しない。キノも似た病気を知っているがそれは人に感染するものではない
・病気の根拠は伝説。ご先祖が雨乞いのため一生太陽を見なくてもいいと言った結果、雨の代わりに太陽を浴びると生きていけなくなった。そして家族にも感染し首長の子供が死んだ
・それ以来この国には僕のような病人がたまに出て、感染すると大変なので隔離される
・食料はエレベーターで届けられる。干しブドウも好き
・電話も感染するかもしれないのでしない
・4年前から招待した旅人が国に人がいないと言い始めた
・TVが映る(国の放送は常に録画放送で、もともと生放送のニュースは存在しない)

 


●通信端末について
・首吊り男の黒い通信端末はキノ達の力では画面を途中までしか進めることはできなかった
・男は薄い蒼色の通信端末を持っている。これは国民の身分証代わり
・この機械は国に住むすべての人と文字情報のやりとり(チャット)ができる
・多数のジャンルから一つを選び会話に参加
・男のタイピングはとても早い
・男の呼びかけに、十秒もしないうちに10人以上からの返答が入った
・首吊り男の機械を差し出したところ、男がキノでも使えるようにしてくれた
・国の外では通信ができない、国の中だけ
・男がやりとり(チャット)が出来るようになったのは4年前から

 


●ストーリーのラスト
・通信端末の製造年月日は6年前であり、その時からやりとり(チャット)はできていた
・男が書き込んでいた話題を見つけ出した
・そこに書き込んだら男から返事がきた

 

 


   このお話で問題となったのは、果たして男とチャットをしている存在は何なのかということである。これより2ちゃんねるスレッドで挙げられた各説を取り上げていく。

 

 

諸説一覧
・人工知能説
・他国の人説
・男と似た患者多数説
・自作自演説
・その他

 

続きを読む >>
[ よくある質問・議論 ] 20:47 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.06.15 Friday
キノの旅漫画郷版1巻 あとがき! 感想

●あとがき!

一言でいうと:原作組二人が提供するあとがき

 


内容
   原作者あとがき,箸靴特者の時雨沢恵一が、原作者あとがき△箸靴鴇説イラスト担当の黒星紅白が漫画のあとがきを提供。
   あとがき,任蓮¬_荳郤圓麓分よりも銃が詳しく、カノンのモデルガンを返してもらった際調整くれて動きが良くなってくれた経験から彼を「師匠の相棒」扱いしている模様。銃器描写は濃くなるはずでいいぞもっとやれとエール。あとがき△任蓮△垢泙靴心蕕離ノをメインに、ページ隅(すみ)には長すぎる裾のコートを着たキノ。そして漫画作者を祝うメッセージ。

 

感想
「あ、調整しておきました」とサラリと言ったらしい郷氏。かっこいい、いつかそんな台詞を言ってみたい。黒星氏の絵、長すぎる裾のコートを着たキノにはちょっとクスリときた。

 

[ 漫画郷版 ] 20:23 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.06.12 Tuesday
キノの旅漫画郷版1巻 ガンな話 感想

●ガンな話 スペシャル・エモーショナル・アトガキ・ショート・ストーリー
著者:時雨沢恵一
一言でいうと:やらた武装するキノ
登場人物:キノとエルメス

 


あらすじ
   一台のモトラドがどっかの平原を走っていた。運転するキノはいつものカノン・森の人・フルートに加え、右肩と左肩、さらにエルメスの荷台に八丁もの銃が縛りつけてあった。さすがに持ちすぎじゃないと嗜めるエルメスであったが、キノはあらゆる事態を想定し銃を揃えていると力説、日本の戦国時代の火縄銃の三段撃ちの話まで持ち出した。それは今はガセが定説だとエルメスがつっこんだ。

 

感想
   小説キノの旅における銃器の細かい記述から察する通り、著者は銃に関してとても詳しいよう。作中、肩凝らない?という指摘に「スリング」が肉に食い込んで痛いというが、「スリング」とは銃に備え付けられた紐(ひも)のことらしい。銃知識はゲームからしか仕入れない管理人には聞き慣れない単語であった。
   参考URL:ウィキペディア「銃の部品」https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%83%E3%81%AE%E9%83%A8%E5%93%81

 

 

[ 漫画郷版 ] 20:19 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.06.12 Tuesday
キノの旅漫画郷版1巻 優しい国 感想

●優しい国

一言でいうと:キノが調子狂うほど優しい国
登場人物:キノとエルメス
小説版「優しい国」ページ

アニメ二期「優しい国」ページ

 

 

あらすじ
   これから向かう国は旅人の評判が悪らしい。だが実際に来てみると間逆で実に優しい国だった。宿屋の娘さくらに案内され、パースエイダースミスからカノンの整備と森の人を譲り受けた。会う人々みなが優しかった。そのせいかキノは3日目の朝には寝坊するほどだった。

   多く人からの見送りを受けてキノは出国した。国が見える丘の上で野営をした。すると火砕流が国を襲った。キノはもらったお弁当に手紙が挟まれているのを見つけ、事の顛末を知った。さらにさくらからの手紙も読むと、キノは再び出発した。

 

感想
   国が壊滅後、キノが「エゴだよ」というシーンがある。小説版では分かりづらいのだが、これはキノ自身がさくらを旅に同行させずに済んで良かったということを「エゴだよ」と言っており、アニメ版ではこれに伴うセリフが追加されている。今回の漫画版もアニメ版に準拠した台詞回しとなった。それを踏まえると残念だったのが、国に滞在時さくらの両親がさくらに旅を勧める場面。ここでキノの表情が描写されなかったので、ぜひここは表情が欲しかった。

   ただ二期アニメでは惜しくもカットされた三日目のキノの寝坊シーンはあったので、それは良かった。

[ 漫画郷版 ] 19:58 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.06.10 Sunday
キノの旅漫画郷版1巻 過去のある国 感想

●過去のある国

一言でいうと:無人の国に住み着いた話

登場人物:キノとエルメス
小説版「過去のある国」ページ

 


あらすじ
   バオバブらしき木が生えた荒野を進むキノ。これから向かう場所には奇妙な廃墟があるらしい。師匠から聞いた話によると、建物や水路はしっかりしてにも関わらず、人はおろか死体すらなかったらしい。
   そして目的地に近づいたのだが、そこには普通に門番がいた。国の内部も人が住んでおり、普通に生活や歴史があった。謎が解けないまま出国しようとしたキノの元に、使いが訪れた。元国長の老婆が面会を希望しているらしい。老婆によると、もともと自分やその仲間は犯罪者の集団だったが、偶然誰もいないこの国を見つけ住み着いたのだそうだ。

 

感想
   あまりインパクトのないこの話がチョイスされた。出国後のキノとエルメスの議論、「本当の歴史」とはについて「そこにいるみんながそう思っていること」という点を作者が気に入ったのか。そしてラストで地中に埋まった意味ありげな石版の絵で終わるが、原作にはないこの描写は「過去は変えられない」と言いたいのか。

[ 漫画郷版 ] 19:40 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.06.10 Sunday