キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


  〜 管理人コメント 〜

新アニメ放送間近。それまでに
なんとか小説全話をまとめたい



 
CATEGORIES
 


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         
 記事検索
サイト誕生から間もないため不安定
なければ「全話リスト」からどうぞ







   
キノの旅十九巻第五話 戦えない国 感想

●戦えない国 -Wise Men's Forecast-
一言でいうなら:飛行船に監視されている国
名言:「キノ、行ってこい。というか行け」

 

登場人物:キノとエルメス
話の長さ:約30ページ
備考:タイトルが「〜話」・飛行船を初めて見た・師匠の記述

 

 

 

あらすじ
   三日間のどしゃぶりの雨の中、キノ達は雨宿りせざるを得なかった。これから行く地方には六つの国があるそうだが、科学技術は緩やからしい。エルメスはそういった国は戦争を考えるものであり、それに伴い科学が発展するが、そうなっていないことに疑問を抱いた。

 

   ようやく晴れて移動、国に辿り着くと、キノ用に馬車と御者が与えられエルメスも乗せ移動した。次の日、この国の王と面会した。キノは旅でのさまざまな話をすると王は満足し、自分になんでも聞いていいと言った。するとエルメスは近隣のお互いの国との関係はどうなのかと聞いた。すると有史以来戦争が絶えなかったが、今では戦争ができなくなってしまったのだという。そしてその原因はというと、王様は外を指差した。すると、謎の飛行船が徐々に近づいてきた。

 

   その飛行船は二百三年前に現れ、王宛に届いた手紙によると戦争行為をした国を滅ぼすとのことだった。そうなってはたまらないと六ヶ国の王達は停戦条約を結んだ。いずれはいなくなるのではと王達は思っていたが、結局数百年たっても変わらなかった。そして現在。王はあの飛行船はすでに飛ぶ機能しかなく、攻撃する機能はないのではと思った。そこで無関係者ゆえに攻撃される可能性の少ないキノに、決死の偵察をしてくるよう命じた。エルメスは無理に行く必要がないと言ったが、王がその場合税としてエルメスを徴収しキノには馬を与えると言ったので、エルメスは名言を言った。

 

   飛行船が定期的に降り立ち水を補給する湖へと向かった。エルメスに乗ればすぐなのだが、逃げる可能性がある、なおかつキノもその気ということで護衛付の馬車で行かされた。そこには王も同行していた。移動の合間にキノは豪華な食事を貰い、仕事をしないわけにはいけなくなった。

 

   湖に辿り着き、飛行船に近づいた。エルメスの見立てでは飛行船は太陽光パネルと水を利用した電気分解からなるシステムで動いており、完全自動制御だろうとのことだった。キノが湖をボートで漕いで行き声をかけると、感情のない声が返ってきた。

 

   飛行船との会話を終え、陸地に戻ろうとすると、王とその息子の兵士が乗ったボートが近づいてきた。成果を聞く王。するとキノは飛行船はいままでの言い伝え通りで戦闘能力も健在だと言った。すると王は驚きつつもキノに、気付いたなと言った。キノはなんの話でしょうとしらばっくれた。

 


オチ
   出国したキノはエルメスが求めた真相暴露に応じた。あの飛行船はストラトスフィア5590と名乗り、天気予報をしているとのことだった。ストラトスフィアとは成層圏のことだとエルメスは知っていた。そして遠い国から送られてきて、戦闘能力なんてものはないと言う。さらに飛行船が言うには、この地へ来た時より王達には天気予報をすると告知していた。つまり王達は真実を知っているが国民には伏せていた。王曰く戦争を望むのは民衆であり、その理由は下らないものでそのせいで戦争が起きるのは無駄なことだと言った。そのため、飛行船を利用して平和状態を維持していたのだった。

 

   そして、今回のように旅人を使い飛行船に差し向け国民向けに確かめさせ、口の軽そうな旅人を口封じとして殺すのだという。また、王に特別だと言われ聞いたのだが、師匠達もこの役目を受けたそうだ。

 

   キノ達の元に飛行船が迫っていた。飛行船が話しかけてきた。飛行船は自分の天気予報が国の役に立っていないのではないか疑っていた。既に自分を作った国は百年以上前に滅びているので、ここで天気予報を教える対象をキノにしてもいいのではと思っていた。だがキノはきっぱりと断った。エルメスは当分いまのままでいいのではと言った。最後にキノは今夜の天気を聞いた。

 

 

感想
   王は飛行船を恐れているかと思いきや、それを利用していたお話。嘘で平和状態が保たれるならよしとするか。しかし馬鹿正直に王に真実を述べていたら殺されていたというのは怖い。キノが慎重でよかった。師匠達がここに来たときはどのようなことがあったのだろうか。

 

 

キノの容姿と装備:カノン・森の人
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:36)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:245)
キノが危害を加えられそうになった回数:1(累計数:45)
国の技術レベルと特産物等:中世
収穫:豪華な食事など飛行船偵察の報酬

 

[ 小説第19巻 ] 01:06 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.24 Sunday
キノの旅十九巻第四話 守る国 感想

●守る国 -Out of His Tree-
一言でいうなら:人骨が埋っている木を守る話
名言:(強いてあげるものはなし)

 

登場人物:シズと陸とティー
話の長さ:約30ページ

 

 

あらすじ
   「渡す国」で国外追放された後、再びシズ達は移住の地を求め旅をしていた。今回の国は移民を受け入れており、国の様子もなかなか良いところだった。移住に適すか見極めるため国のあちこちを見回っていると、大木からなる綺麗な並木道があった。
   この並木道には歴史があり、本来であれば住宅地化に伴い撤去されるはずだったが、元土木作業員で今では教授と呼ばれる人物が保護を訴え、最初は一人だったのが次第に支持を集め、ついには並木道の保存が決定されたそうだ。教授がなぜここまでしたのかというと、例の大木を見ると逃げられてしまった妻子を思い出すのだそう。話を聞き終わった後、ティーはその大木の草を睨んだり、幹をぺちぺちと叩いたりしていた。
   するとその場に高級な車が現れ、例の教授が現れた。彼の周りにはテレビクルー、そして聞きつけた野次馬が集まった。教授はシズの元に来て会話を交わした。教授は用を済ますとその場を後にした。シズ達もお昼にしようとティーを見た。

 

オチ
   ティーは大木の近くで手榴弾を起爆させると残る紐を持っていた。シズはティーを抱えあわててその場を離れた。そして爆発。破片をまき散らし、大木はゆっくり倒れた。するとティーは爆破した大木に近づき地面を掘り始めた。住人達がその場にかけよりティーに罵倒を浴びせた。教授は絶叫しティーに掴みかかった。すると「みつけた!」と声がした。ティーのものだった。ティーは手に髑髏を持っていた。
   その後ティーの行動が一大ニュースとなり、TVに出ずっぱりとなった。ティーはインタビューに対し、教授が木の新芽を踏んでいたと指摘した。木の下から出てきたのは大量の髑髏であった。教授は妻子だけではなく多数の子供を殺し、土木作業にかこつけて遺体を埋めたのであった。

   ティーは褒め称えられ、シズ達は永住を求めたられたが、移住する気が薄かったとシズ嘘を付き国を後にした。


感想
   大木を守るのにはれっきとした理由があった話。そりゃデカすぎる悪事が埋まっているなら必死で守るものである。
   シズ達は永住を求められたが断って出国した。う〜ん、有名人として暮らすのは居心地が悪いが、やはりもったいない気が。シズは本気で移住先を探しているのか。まあ移住すれば話は終わってしまうのだが。

 

 

殺害人数:0(シズの累計殺害人数:27)
シズの主張が認められなかった回数:0(累計数:6)
国の技術レベルと特産物等:現代
収穫:なし

 

 

[ 小説第19巻 ] 02:04 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.23 Saturday
キノの旅十九巻第三話 秀才の国 感想

●秀才の国 -Finding an Error-
一言でいうなら:できの悪い子を廃棄する国
名言:(強いてあげるものはなし)

 

登場人物:キノとエルメス
話の長さ:約10ページ

 

 

あらすじ
   入国した国は噂通りとても完成度高い国だった。綺麗な街並みを初め治安、人の様子など非の打ちどころがなかった。国民の質がいいんだろうとキノ。そこで、役所に行ってその秘訣を聞いてみることしにた。
   すると、背広の男がこの国のシステムについて教えてくれた。この国で生まれた赤ちゃんはすぐに国の育成施設に送られ、15歳まで教育を受けた末、はじめて親に会えるのだという。


オチ
   そして、教育の間反抗した者や基準に満たない者はしっかりと廃棄処分するのだそうだ。


感想
   子供を出荷、不良品は処分という、やっていることがまんまキノの故郷である「大人の国」なお話。これで完成度が高い国ができてしまうのだから皮肉なものである。

 

 

キノの容姿と装備:不明
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:36)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:245)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:44)
国の技術レベルと特産物等:現代
収穫:なし

 

 

[ 小説第19巻 ] 01:05 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.23 Saturday
キノの旅十九巻第二話 天才の国 感想

●天才の国 -Finding a Geninus-
一言でいうなら:気分よく合法的に子供を引き取る話
名言:「なぜなら、赤ん坊はみんな天才ですから」

登場人物:キノとエルメス
話の長さ:約10ページ

 


あらすじ
   入国の際、キノ達と同時に入国する白衣の一団がいた。彼らは医者でも商人でも観光客でもないという。この国に来た目的は天才を捜すというもので、キノはそれを見学することにした。
   白衣の一団は貧しい村に行き、村長と会った。そして、自分達は天才を捜しており一歳未満の赤ちゃんを調べさせれくれれば、この村の十日分の報酬を支払うと言った。それにより、多くの赤ちゃんがが集まった。白衣の一団はある機械を使い、赤ちゃんの頭にかざした。なかなか反応がなかったが、しばらくして機械の反応があった。白衣のうちの一人がとても若い両親に、この赤ちゃんは天才だが、この国で暮らせばほかの子と同じような人生となってしまう。だが自分達が引き取れば、立派な教育を受けさせ才能を開花させると言った。躊躇していた両親だったが、多額な報酬を約束すると両親は満面の笑みを作った。


オチ
   白衣の一人にあなたの国の赤ちゃんもみなこの検査をするのかと聞くと、違うと言われた。彼らの国では子供が生まれなくなってしまい、国を存続するためにこうやって赤ちゃんを合法的に引き取っているのだと言う。そしてあの機械はデタラメであり、どの子を引き取るかは親の経済や環境状況によって選び、罪悪感のある親には天才だからと都合のいい話を信じ込ませ引き取るのだという。
   赤ちゃんが天才かどうかは関係なしにと聞くキノに対し、赤ちゃんはみな天才だと白衣の一人が言う。


感想
最後の名言はなかなか洒落が訊いている。確かに赤ちゃんは未知数であり、天才である。

 


キノの容姿と装備:不明
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:36)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:245)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:44)
国の技術レベルと特産物等:中世
収穫:なし

 

 

[ 小説第19巻 ] 00:17 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.23 Saturday
キノの旅十九巻第一話 美しい記憶の国 感想

●美しい記憶の国 -Beautiful Memories-
一言でいうなら:滞在した記憶が抜け落ちた話
名言:(強いてあげるものはなし)


登場人物:キノとエルメス
話の長さ:約10ページ
備考:国外・良い国

 

 

あらすじ
   これから行く国は、師匠が旅した中でも最も印象に残っている国で、忘れたくても忘れられないと言っていたが、どんな国だったかは教えてくれなかった。さてどんな国だろうとキノはエルメスのアクセルを開けた。


オチ
   あれっ、とキノが声をあげエルメスのエンジンを止めた。自分の後ろに城壁があった。なぜ通り過ぎたのかとエルメスに聞くと、入国して堪能して出国したと言った。そんな記憶はないとキノが言うと、エルメスはバイクに積んである箱を調べてごらんと言った。その箱には過去の自分が今の自分にあてた手紙が入っていた。
   それによると、この国の住人は国内の様子を誰にも伝えてほしくない一方で、旅人には快適に滞在してほしいという願いを叶えるため、入国条件として滞在時の記憶を消す薬を飲む必要があるので、自分は飲むことにしたとあった。
   だがエルメスは人間ではないので記憶を消す措置は例外だった。滞在中のキノは綺麗なホテルと毎日の美味しい食事、さらに観光に住人との交流する素晴らしい国だったという。だが詳細は絶対キノや他人には話してはいけないそうだ。そして滞在中のキノは今までの旅で間違いなく一番楽しんでいたとエルメスは断言する。さらにエルメスが指摘した場所を見ると、凄腕の絵描きさんが書いてくれたキノと住人達の笑顔の木炭絵画があった。
   キノは、ボクは何も覚えていないと絶叫した。もう一度同じ国へ行くという選択肢もあったが、キノは次の国へと出発した。


感想
   このお話は出だしから空白の改行が続いており、最初のページの半分以降になってようやく本文が始まる。その後、入る直前までのお話が続き、ここでようやく恒例のイラストとタイトルとなり、すぐ次の本文では出国しているという構成になっている。これにより、読者が記憶が抜け落るということを実現している。とても良い国らしいだけに、記憶がないというのがなんとも歯がゆい。
   エルメスはキノが今までの旅で間違いなく一番楽しんでいたと断言している。キノが快適な滞在をしたと言えば「優しい国」だが、それすら比較対象にしていない。ということはこの国に来たのは「優しい国」以前の可能性が高いと思う。

 


キノの容姿と装備:十代中頃・銀色のフレームのゴーグル・薄緑色のバンダナ・茶色のコート
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:36)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:245)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:44)
国の技術レベルと特産物等:近代(写真は認知されている)
収穫:快適な滞在・エルメスの新しい前後輪

 

[ 小説第19巻 ] 23:36 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.22 Friday
キノの旅十九巻口絵 首輪の国 感想

●首輪の国 -What We Need.-
一言でいうなら:首輪が必要な話
名言:(強いてあげるものはなし)


登場人物:シズと陸とティー
話の長さ:数ページ

 


あらすじ
   辿り着いた国では陸に首輪をする必要があった。陸は仕方ないと了承した。ティーが物珍しそうな顔でその光景を見ていた。シズは、この国では犬は首輪をしないといけないと教えた。なぜとティーが言うと、この国の人は犬が勝手に行動して、噛みつくなど他人に迷惑をかけるかもしれないと思っているとシズは答えた。

 

オチ
   ティーは、ならどうして人間には首輪はいらないのか、犬よりよっぽどこわいこをするのにと言い、手榴弾を取り出した。

 

感想
   まあねえ。でもティーの質問に真面目に答えるとすれば、人間はある程度の秩序ある生活することが望め、そのリスクと首輪をするデメリットを天秤にかければ、前者の方が利点が多いからと言える。
   作中、陸にもティーが何を考えているか少しずつ分かってきたとある。ティーと初めて会ったのは第八巻でのこと。常に無表情で無言のティーだが、ようやく陸にも分かってきたようである。



殺害人数:0(シズの累計殺害人数:27)
シズの主張が認められなかった回数:0(累計数:6)
国の技術レベルと特産物等:不明
収穫:なし

 

[ 小説第19巻 ] 01:27 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.22 Friday
キノの旅十九巻口絵 幸せの話 感想

●幸せの話 -Blue Birds-
一言でいうなら:人の幸せについて
名言:「"自分は不幸だ不幸だ"って言っている人は、幸せに気付けなくなってるんだ。不幸なことだね」


登場人物:キノとエルメス
話の長さ:数ページ
備考:タイトルが「〜話」

 

 

あらすじ
   エルメスが唐突に人の幸せとは難しいと言ってきた。キノとエルメスはさまざまの人の幸せの例をあげ、「人の幸せは、必ずしも他人を幸せにしない」と確認した。キノ続けて、人の幸せとは必ずしも一つではなく同時並行的に追いかけており、そして自分を不幸だと思っている人は、その状態に慣れてしまい幸せに気付けなくなっていると言う。
   エルメスが今さっき捕まえた幸せとはなにかと聞いてきた。キノはエルメスとたわいない話をすることだと言った。


感想
   人の幸せは他人を不幸にする時がある。また、自分を不幸だと思っている人はそれが普通になっている。みなが幸せに辿り着くのは難しい。管理人は周囲の人でそんな不幸慣れをしている人を知っているので、自分はそうならないよう努めてはいる。自分は幸せになりたい。それを念頭に行動すれば、幸せになれると信じている。こぼれツイート

 


キノの容姿と装備:不明
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:36)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:245)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:44)
国の技術レベルと特産物等:不明
収穫:エルメスとたわいもない話ができた

[ 小説第19巻 ] 00:01 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.22 Friday